日本の歴史年表・流れを小学生が覚えるためには?

「日本の歴史」と言っても、色々な角度からの見方がありますが、一番重要なことは、「歴史の流れ」ですよね。

過去にさかのぼると、地球の始まりからになってしまいますが、日本史としての始まりはだいたい「旧石器時代」「縄文時代」からではないでしょうか。

時代の名称からすると、そんなに多くはありませんが、細かく見ていくと・・・

年号や起こった出来事を勉強すること、覚えることが大変!!

でも、覚えなきゃ始まらない!!

親が夢中!ビジュアルがかっこいい歴史事典

今は、こんなビジュアルの歴史事典があるんですね。

子供にと思って購入し、ついつい私が夢中で読んでしまいました。

もちろん、ビジュアルだけがよいというわけではなく、内容も「なるほど~、そうだったんだ」とこの歳になって歴史に興味を持って読むと楽しめます。

真田丸についても載っています。

大事典と言ってもソフトカバーで中身が充実しているので、ビジュアルに関係なく、出来事、歴史の流れを整理できると思います。


一目で歴史の流れを把握するならポスタータイプ!

学校用教材を家庭の壁にドドーンと大きく貼る

小学校歴史年表  86165061
価格:2160円(税込、送料別)



お風呂の時間もゆっくり眺めて覚える



暗記するなら語呂合わせで絶対忘れない!

私の学生時代は、「794(なくよ)うぐいす平安京」「1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府」でしたが、今は色々な面白い覚え方があるんですね。



繰り返し書いて覚えるしかない!

中学受験の専門塾SAPIX(サピックス)が出版している年表トレーニングです。


中学受験でシリーズ化されている歴史版です。


年号の語呂合わせではなく、出来事、関連ごとの覚え方もあるんですね。

これを覚えやすいと思えば活用できますし、まわりくどいと思えば必要ないかもしれません。

お子様にもよると思います。


クイズのような内容も面白い

本屋さんでたまたま見つけたこちらの本。

なんと、あのキティちゃんの会社、「サンリオ」が出版しているが学習本があるんです。

「できますか?小学校で習った社会科」の特別授業として「日本史」の登場。

中身を見ると、意外や意外(失礼??)、小学生でも使える歴史の内容でびっくり!

大人の脳トレとして人気もあるようですが、「どっちが先?」「私はだれ?」クイズがあったり、約500円という価格にもびっくり!

わら半紙だからでしょうか??

でも、お得感がある問題で、総復習として使えると思います。


ひたすら覚えるだけの暗記学習は大変なので、ちょっとずつ工夫して学習していきたいですね。