学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

群馬で遊ぶ!自由研究も!「こんにゃくパーク・富岡製糸場・カイコ・昆虫」見学

自由研究・実験

子連れでおすすめのお出かけスポット「ぐんま」で一日思いっきり遊んじゃいましょう!

しかも遊びながら楽しく子供たちのお勉強にもなり、おいしいものも食べて、お買い物も

 

夏休みには、子供の達の自由研究にもばっちりですよ~。

(2015年の情報ですので、最新情報を確認してからお出かけくださいね。)

 

スポンサーリンク

社会科見学1「ヨコオのこんにゃくパーク」

わたし
わたし

群馬県と言ったら何が有名でしょう?

 

子供たち、地理の勉強ですね。

正解は、「こんにゃく」!

 

ということで、こんにゃく作りを見学して、食べて、お土産も帰る施設「こんにゃくパーク」へ行ってきました。

リニューアルされたようで、とってもきれいな施設です。

 

大人気なので、混雑すると大行列する場所があるらしいんです

何に行列するのかというと・・・

 

なんと!無料でこんにゃく料理を食べることが出来るんです~!

 

気合入っちゃいますよね。

開店と同時に入場したので、とても空いていました。

 

こんにゃく工場を見学してみよう

2階から大きなガラス越しに、こんにゃく商品の製造ラインが見えました。

かわいいキャラクターもいるので、小さい子でも楽しくまわれます。

 

 

壁にはたくさんパネルがあり、こんにゃくの歴史について、寒天やゼラチンとの違い、しらたきと板こんにゃくの違いなどわかりやすく説明されていました。

 

はてな?
はてな?

こんにゃくいもって、そもそもどんな風に育っているの??

 

こんにゃく博士になれますね!

これで自由研究もばっちり

 

ちょっと休憩するなら無料で食べられるこんにゃくバイキングへ

えっ???

これが全部無料なの?しかもコンニャクづくし?食べていいの?

とちょっとびっくりしたコーナーがあるんです。

 

1階のショップ奥に、広いテーブル席があり、キッチン側にたくさんのこんにゃくメニューが並んでいました。

セルフサービスで自由にこんにゃく料理を無料でいただけるんです。

「20分でお願いします」と書いてありますので譲り合いましょう!

 

なかなか自分では作れない蒟蒻料理を楽しく、おいしくいただいて大満足!!

 

もちろん、これだけじゃ終わりませんでしたよ~。

この後も、他のメニューをおいしくいただきました

 

こんにゃく商品が充実!ショップでお買い物

バイキングでいただいたものは、隣のショップで購入できます。

お料理のそばに使用した商品のパッケージがあるので帰りにお土産として買って帰れます。

 

子供たちは蒟蒻ラーメンが気に入ったようで、お買い上げ♪

 

そりゃぁ、これだけおしいなら買って帰るでしょ!!

こんにゃく詰め放題もあり、本当に蒟蒻づくしです。

500円で刺身こんにゃく、糸こんにゃく、白滝、板蒟蒻、玉こんにゃくなど色々おりまぜて、11袋入りました。

 

こんにゃくソース焼きそば、抹茶プリンやみそ田楽など、ついつい購入しちゃいましたが、かなり重たい・・・

帰りのことを考えて購入してくださいね!

ということで、ショップコーナーにかれこれ30分くらいいました。

 

こんにゃく体験もあるよ!

予約制でこんにゃく体験もあるのでHPでチェックしてみてくださいね。

もっと身近に感じられます。

事前予約制、小学校1年生以上で子供から大人まで体験できるそうです。

こんにゃくパーク
リンク:>>こんにゃくパークのHPへ

 

家に帰ってこんにゃく料理はどうだった?

こんにゃくラーメン醤油はスープにつけていても伸びないので慌てずに料理ができます!

うん。納得!本当においしかったんです。(無料バイキングのおかげで、おいしさを知りました。)

スープも付いているので、具なしならすぐに食べられますし、お子様にも食べやすいので我が家でも人気の1品です。

 

ついでに、こんにゃくソース焼きそばを作ってみました。

こちらは、ちょっとソースが水っぽいのでキャベツやもやしがあった方がおいしいかと思います。

ソースは一見、濃いように見えますが甘めでお子様も食べやすいです。(喉につまらないようにご注意ください)

 

社会科見学2「世界遺産の富岡製糸場」

こんにゃくパークから車で約15分のところにあるのが、世界遺産となった富岡製糸場。

下調べをして行ったつもりなのですが・・・

あれっ?門が閉まっている・・・しかも、みんな外から写真撮影しているんだけど

 

なんと、当時は水曜日が定休日だったようで、休場日で入れませんでした

しっかりとスケジュール確認してから、お出かけくださいね。。。

 

しょうがなく、外からの撮影となりましたが、またいつか来てみたいな~。

 

富岡製糸場
リンク:>>富岡製糸場のHPへ

 

わたし
わたし

せっかくの日帰り旅行がこれで終わり??

午後はどうしよう・・・

 

社会科見学3「日本絹の里」

スマホは便利ですね~。

すぐに次なる目的地を検索して、高崎市にある「日本絹の里」へ行ってみることにしました。

せっかくなら、カイコ・絹について知ろう!

 

こじんまりしているのですが、意外にも子供たちが興味津々で展示をゆっくり見てまわりました。

カイコちゃんたちは偽物?と思いきや、ムニュムニュ動いていて、繭を作っているところなどを見ることもできます。

 

なんかかわいく思えてきた・・・。

この繭がシルクになるんだよ!生き物ってすごいよね!

 

 

日本絹の里(シルク総合博物館)
リンク:>>日本絹の里のHPへ

 

思いっきり理科!「ぐんま昆虫の森」

富岡製糸場から群馬県を車で右方向へ行っていたので、もう少し遊べるところを探してみると・・・

息子が大好きな昆虫の施設を発見!!

桐生市にある「ぐんま昆虫の森」です。

 

園内はすごく広くて、イベントも開催されていたり、季節によって様々な昆虫に出会える施設です。

 

温室館では蝶が舞っていて、間近で見ることができます。

 

園内にはかぶきや民家もあって、2階に上がってみると・・・

どういうところで養蚕をしていたか、使われていた道具も見ることができるんです。

 

園内のあちこちに朽ち木があって昆虫が隠れているんじゃないか、砂の中にアリジゴグがいるらしく、探してみたり、子供にとってワクワクの環境です。

 

室内では昆虫の標本や展示室、学習コーナーの部屋は本がいっぱいあって、開放的。

夕方になって閉園時間になってしまい、時間が足りませんでしたが元気いっぱい遊べますね。

 

ぐんま昆虫の森
リンク:>>ぐんま昆虫の森のHPへ

 

私の感想

いやぁ、富岡製糸場が休場で急遽、予定にはなかったところへも足を伸ばしてみましたが、時間が足りないくらい充実した日となりました。

 

都心から日帰りで行ける範囲で、子供も大人も満足できるプチ旅行。

やっぱりこんにゃくパークは外せないので、混む前の朝一に行く方がいいかなと思います。

 

また家族で行きたいコースとなりました