日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較>>

子供の中学受験する?しない?メリットとデメリットを自分の体験から考えること

中学受験全般

私自身が中学受験を経験し、自分の人生はどうだったか振り返ってみました。

小学校時代の低学年は友達と仲良く遊び、高学年は中学受験勉強。

中高は6年間を女子校で過ごし、大学受験、そして大学生活をエンジョイ。

大学卒業後は就職し、結婚後、数年してから子育てに専念。

子育てをしながら、自分でできることを探し中…

 

わたし
わたし

至って普通と言えば普通の人生ですが、中学受験をすることでたくましさがつき、学力に関して環境を与えてくれた両親に感謝しています。

 

そして現在、子供が中学受験をするか?しないか?の時期にきています。

私の体験からすると、子供に中学受験をさせたい派。

主人は、高校受験をさせたい派。

さて…どうなるかな。。。

 

スポンサーリンク

私が感じている中学受験のメリットとデメリットについて

中学受験することはメリット?

メリットとしては、中学高校の一貫教育で時間の使い方、教育環境、設備が公立とは異なるところです。

 

  • 大学受験に向けてカリキュラムが組まれているので、6年間で学ぶものを5年で学び、残りの1年は大学入試対策に専念。
  • 高校受験がないため中3で海外研修、ホームステイなどに行く学校もある。
  • 設備が整っている。
  • 大学付属も視野に入れられる。
  • 荒れていたり、学級崩壊があるという公立中学の話も聞くが、そのような生徒は退学になるため学校側の対応が安心。
  • 中学受験の勉強で得た知識、競争心で頭も心も鍛えられる。
  • 私立学校の教育理念がある。

 

中学受験することはデメリット?

デメリットとしては、周りのお友達が遊んでいる時に受験勉強することになり、親子の努力と協力が必要となります。

「中学受験は親が9割」と言われているくらいですからね…

 

  • まだ未知の世界が多い小学生なので、本人の意志がないとかなりの苦痛。
  • 万が一、中学校が合わなかった場合、6年間は長い。
  • 地元の友達とつながる機会が減る。
  • 中学へ通学するときに通勤ラッシュにあう。
  • お金がかかる。

 

簡単にあげましたが、中学受験にはメリットもデメリットもあります。特に子供はまだ小学生ということもあり、中学受験は親の関わりがとても大きく、周りに流されて足を踏み入れると大変だと思います。

 

親が考える子供の将来

中高一貫校に通って

私が通っていた学校は中高一貫の女子校で、色々な子がいました。女子校ってどんなイメージでしょうか?

みんな芯が強く、私の周囲ではイジメを聞いたことがありませんでした。

(日々の勉強が忙しすぎて、みんな必死だったんだと思いますが…)

 

ただ、私の成績からするとラッキーで合格した学校だったので、勉強面ではついていくのに必死

やってもやっても、みんなができるので、しがみつき状態でゆとりがありませんでした。

 

わたし
わたし

自分の中でいっぱいいっぱいで、青春がなかったよぉ…

女子しかいないし、漫画のような恋愛もない…

みんなで勉強漬け…

(※注:その世界しか知らない私は、それなりに中の世界で楽しんではいたので、全否定というわけではありません。)

 

そんなこともあったので、子供たちには、「中高一貫校で勉強は大変だけれど、その中でもちょっとゆとりある学校生活を楽しんでもらいたいな」という想いがあります。

 

子供にはどんな道でも楽しいことを見つけて幸せになってほしい

そんな状態で中高でいっぱいいっぱいにしがみついていた私は、エネルギー切れ。

私は大学受験では不合格も経験しました。

 

でも、父に

「大学は面白い人がたくさんいる。大学は勉強も大事だが、一生の友達を作って楽しむんだよ。」

と言われ、自分で決めて進んだ大学生活はとても有意義で刺激的な出会いとなりました。

(旦那さんは大学の同級生だったので、一生の友達が本当にできちゃいました

 

大学の友人の中には中高一貫の私立だった子、公立だった子、大学附属からあがってきた子、推薦で入ってきた子など、自分が歩んできた道以外を経験をしてきた友達がたくさんいて、中高6年間女子校の温室育ちだった私には視野が広がったように思います。

 

どこの段階で受験してもゴールでもそれが全てでもなく、様々な道のりでどのような教育を受けてきたか、良い友人や先生との出会いがあったかで人生の分岐点を乗り越えていく力がつきます。

両親が中学受験をさせてくれたこと、一緒に頑張ったことは自分への自信にもつながりました。ちょっとした壁なら乗り越えられるというたくましさがずっと私の中にあり、両親には感謝しています。

 

今度は自分が親になって子供のことを考えるという立場になりました。

中学を公立にするか私立にするかは、子供の人生の中の1つの分かれ道です。

親が願うことは子供が自立する力を身につけて幸せになってほしいということだと思います。

 

親は子供の一生のサポーターですよね。

 

それぞれの家庭の事情、子供の教育方針、子供の意志が一致した時に中学受験を選択するならば力が発揮できると思います。しかし、中途半端な状態で親の気持ちを押し付けるくらいなら、高校受験をした方が子供の力が発揮できるかもしれません。

 

あなたは将来のことがわかっていない、中学受験をした方がいいのよ。」と子供の意見を無視して親が一方通行という話もあります。

「親が勝手にレールを決めた」と子供が悪い方向へ行ってしまっては元も子もありません。

 

まだ小学生だから何もわからないのではなく、中学受験に立ち向かう本人の意思をちゃんと聞いてあげてほしいと思います。

 

我が家では中学受験を選択

私が中高一貫校で息切れをしてしまったこともあり、学校選びも大切ですし、中学受験が我が子にとってよいのかどうかもわかりません。

私の母いわく、

「当時はネットなんてなかったから、学校情報はよくわからなかったのよね。ご近所のお嬢さんが通っていていいなと思ったから。」

だそうです。

なので、厳しさとか、校風とかあまり比較する手段も口コミも圧倒的に情報量が少ない時代でした。

 

とりあえず、子供の能力もわかりませんし、私が子供の中学受験勉強を見るということで、とりあえずやってみることになりました。

子供が嫌だという意志表示が出た時には、中学受験にこだわらないという方針です。

 

私の時代とは違い、難易度も競争も激しくなっている中学受験。

いろいろと情報をリサーチしながら私も勉強スタートです。

 

リアルな中学受験の世界を知るにはコレ!

中学受験ってどんな世界なの?どんなことを想定したらいいの?どれくらい勉強しているの?

中学受験派未知の世界だ!!というのであれば、こちらが参考になりますので是非読んでみて下さい。

リアルな中学受験がわかりますよ~。

 

中学受験しようかなと思ったら読むマンガ

Amazon
>>中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ 新装版 (日経DUALの本)
楽天・Yahooショッピング

 

二月の勝者

Amazon
>>二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)
楽天・Yahooショッピング

 

中学受験は親が9割

Amazon
>>中学受験は親が9割 最新版
楽天・Yahooショッピング

 

中学受験 基本のキ

Amazon
>>中学受験基本のキ! 改訂新版 (日経DUALの本)
楽天・Yahooショッピング

中学受験全般
スポンサーリンク
この記事を書いた人

長男はすったもんだしながらも中学受験で私立中学へ進学、長女は中学受験勉強中ですみっコぐらしに夢中。発達障害の息子に振り回される日々ですが、前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする

他の記事もご覧下さい♪

小中学生のおすすめ家庭学習をチェック!
小学生からプログラミングや英語、高校から「歴史総合」が始まったりと教育改革まっただなかの子供たち。 子供に読ませたい本、漫画、子供と一緒にやりたいこと、中学受験勉強、子育ての悩みなど、小中学生の家庭学習について参考にしてください♪
市川さんのおうちスタイル