子供が喜ぶダンボール遊びの手作りアイディア!室内でも外でもおすすめ

ダンボールは子供にとって、とっておきの遊びアイテム!

子供の喜ぶ顔が見たくて、色々な手作りに挑戦しているうちに次々アイディアがでてきて、ダンボール遊びは大好評でした。

ダンボールで何かを作ろうと思うと、はさみで切りにくいし、後始末が大変だったりしますが、それだけにやりたい放題の遊びが出来ちゃうんですね。

スポンサーリンク

ダンボール遊びのアイディア・室内編

使い方によっては、狭い部屋の中でも楽しくなっちゃうアイテム!

買い物をして大きいダンボールが手に入ったら、資源ごみにする前に一度、遊んじゃいましょう!

ダンボールハウスができるくらいの大きさなんて、なかなかゲットできないですからねっ。

子供はもぐったり、入ったり、隠れたり、狭いところが大好き。

落書きしても、ぺたぺた貼ってもやりたい放題!

こんなことができちゃいますよ~♪

・ダンボール迷路
・ダンボールキッチン
・ダンボール化粧台
・ダンボール電車
・ダンボールお風呂

おうちでも体を動かして楽しいダンボール遊び

下の子が生まれて上の子を連れてなかなか外に出かけられない時に、何か思いっきり体を動させてあげたいな~と思ったのが1つのきっかけ。

部屋は結構、散らかってしまいますが、子供が楽しんでいるのが一番!

ダンボール風呂は、チラシを破ってこんな狭い空間で汗びっしょりでした。

中にラムネなどお菓子を隠して宝探しは子供にとって、かなり必死(笑)

迷路は・・・所々、中にすずらんテープでふさふさをつけてみたり、穴を開けてみたり・・・

もぞもぞ動いている姿が見ていても面白い(笑)





ダンボールキッチン&化粧台でおままごと

兄はダンボールキッチンでおままごと、妹はダンボール化粧台でおしゃれ中?

(ヘアバンドが変にくっついていますが、本人はこれであっているそうです(笑))

小物は100均でちょこっと追加するだけで、かなり機能的になり、便利ですね~。





ホームセンターで、「おえかき でんしゃ」というダンボールでできた子供が入れるサイズのセットがありました。

自分で好きな旧東海道線のカラーで絵具を塗り塗り。

(屋根までは面倒になってしまった母・・・白いままです。)

楽天でもアマゾンでも品切れでした。

ホームセンターにはこの自動車シリーズもあったので、電車や車好きの子には面白いですよね。





【おまけ】
完全に主人はノーコメント・・・毎日仕事から帰ってきて、ダンボールが転がりまくりのおうちはやっぱり嫌かしら・・・。

よくやるよな~と思っているようです(汗)

ダンボール遊びのアイディア・屋外編

壊れても遊べるダンボール

屋外でもダンボールは大活躍!

おじいちゃんのおうちに泊まった時、庭で段ボール遊び3連発をご紹介。





ダンボールハウスは家の中だけでなく、外でも子供は楽しいようです。

砂場セットやおままごとセットがあれば、泥や砂、水を使ってまた違う遊びに変身。

思いっきり絵具で色付けをしてもいいですよね。






キャタピラーは、幼稚園の運動会でもさすがに早かったですよ~

家で練習をしていたわけではないのですが、こういう遊びで身についた感覚なのかなと思います。





最後は壊れかかったダンボールでも遊ぶ遊ぶ!!

転がったり、ハイハイしたり、もう芝生まみれになるので、子供の洋服を考えて遊ばせてあげることをおすすめします。

進化しているダンボールおもちゃ

おしゃれなダンボールおもちゃもいっぱいありますよね。

子供が憧れるダンボールハウスを姪っ子にプレゼントをしたことがありました。

ディズニープリンセスが好きで、シールをぺたぺた貼って、自分だけの空間で大喜び♪


ダンボールのおもちゃは、何といっても軽いので移動がしやすい!


私の体験談から

子供たちが楽しんだ後のお片付けは・・・私?なんですよねっ。

なかなか大変ではありますが、それでも子供たちがワクワクしている姿を見ると、母は頑張っちゃう(笑)

子供が成長するにつれて、ダンボール遊びの内容が変わってきました。

穴をあけてボールを入れたり、トイレットペーパーの芯をくっつけて輪投げをしたり、ゲームごっこ。

自分たちでカッターを使えるようになってからは、仕掛けを作ったり、ガチャガチャを作ってみたり、クレーンを考えてみたり、工作です。

ダンボールおもちゃは処分が簡単ですが、場所を取ることがちょっとデメリットかな。

1つのダンボールが目の前にあった時、さて・・何ができるでしょうか?

お子さんと一緒に考えて遊んでみて下さい♪