学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

栄光ゼミナールのサイエンスラボ&科学館の実験で子供が理科好きになる理由

栄光ゼミナール・サイエンスラボ

ここ数年、子供たちの理科離れの話をよく聞きます。

小学校でも実験の回数が減ったり、子供たちの興味が持てなくなってきているそうです。

息子の小学校では、学校として理科の取り組みを強化しようと学力テストをしたり、実験室を改装したり変わってきています。

自分たちが子供の頃も、実験は楽しかったですね。

私自身、大学は化学科だったのでかなりの実験をやってきましたが、今ではもう何一つ覚えていないくらいです(汗)

スポンサーリンク

理科は机の上の勉強だけじゃ頭に入らない

教科書がいくらカラフルな写真をいっぱい使っていても、やはり百聞は一見に如かずですよね。

我が子が昆虫にハマり、自分でも理科が好き!と言っているくらい図鑑を良く読んでいた子だったので、実験教室に通わせたいなと低学年のうちに思っていました。

せっかくだから、ちょっと本格的なところ・・・でも、あまり金額も高すぎないところ・・・などなど色々調べた結果、栄光ゼミナールのサイエンスラボに小学校3年生から行き始めました。


片道、車で40分かかるのですが、月に2回なのでそんなに無理な習い事でもなく、子供の生き生きとした姿が見ていて続けさせてあげたいな~と思っています。

みんな白衣を着て、


プチ博士!


のようで、かわいいんです。




でも、やっている実験はすごく内容が濃く、わかりやすく、書く、考える、実際にやる、まとめると段階をふんでいるカリキュラムなんですね。

半年に一度、保護者の前で発表する学会もあります。

息子は、先生とよく話をしているようで、色々なことを吸収して帰ってきて、家でもミニ講座をやってくれます。

ほんっと、好きなことには夢中になれるんですね~ヾ(=^▽^=)ノ


来年以降も日能研との兼ね合いもありますが、ギリギリまでやらせてあげたいと思っています。

5、6年生のドクターコースか、中学受験コースか迷い中・・・


色々なところでやっている無料体験講座もいっぱい参加しよう

妹は、お兄ちゃんがサイエンスラボで実験をしている間、栄光ゼミナールが開催している実験講座に参加し、望遠鏡を作ってきました。

サイエンスラボで夏休みなどに単発講座もやるので、それにも参加し、金属探知機を作ってきたことがあります。

あちこちの科学館ではスライム作りや、光の仕組み、リニアモーターカーの仕組みなどたくさんの講座がありますよね。

実験と言うと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、子供の好奇心をくすぐるためにも、どんどん足を運んでみてはいかがでしょうか。

妹は、いつも


楽しかった~~~ ヾ(@~▽~@)ノ


と身になっているのかどうか不明ですが、この積み重ねが理科好きになる理由かなと、なが~い目で見ています。

色々体験して経験を積んで、知識も増やしていってほしいと思います。