日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較>>

日能研のカリキュラムテスト4年生の結果・2015年12/5 第17回

日能研4年生

先日受けたカリテの結果が発表されましたね。

週末に復習をしてみて、やっぱり国語ができていない息子・・・。

やり直すと一発で当たるのですが、どうも本番ではわかっていないということなんだろうな~。

算数はかなりできていたようで、数問の間違いでしたが、国語は数えられないくらいのバツ、理科・社会はミスがいくつかあるじゃない・・・。

社会の平均点高かったですね。

というわけで、全体的にはあんまりよくないかな、算数ができたのに、国語でかき消されてしまうじゃないの~!といういつもの状態でした。

国語の共通は7でしたが、応用は4(泣)

算数の共通は10で、応用は9(喜)

すごい差ですよね。

スポンサーリンク

やっぱりクラスの女の子が上位にいるらしい

今回のテスト結果で恒例の席替えがあったそうです。

息子はクラスで5~10位だったのですが、上位は全員女の子。

息子の前に数人の男の子がいるそうです。

算数ができた!と思った息子は応用クラス(Gクラス)で算数2位ということで、1位は女子。

そして、情報によると、女子の1人がサピックスの本を持ってきていて休み時間に友達同士で見ているそうなんです。



「お母さん、サピックスの「SAPIX」っていうローマ字が書いてある本を女子たちが読んでいたよ~。」



おっ?どんな本か気になるじゃない!どんな本だった?と息子に聞いてみると、



「Aの三角のところが、赤くなっているやつ」



いやいや、サピックスのロゴを聞いてもしょうがないんですけど・・・。

中身はどんなやつだったの?と聞いてみると、



「結構分厚くて、中にすごいぎっしり地理のことが書いてあったみたいに見えた」



ということで、それが何なのか謎です(。´・ω・)?

もしかしてコアプラス?

コアプラスも有名だそうで、いつかは見てみたいなと思っている問題集ですが、みんな色々と勉強しているんだなと息子も感じたようです。

小学校低学年は周りのことが気にならないくらい自己チューでいた息子ですが、結構周りを意識するようになっているんだな~と成長を感じました。



日能研4年生
スポンサーリンク
この記事を書いた人

長男はすったもんだしながらも中学受験で私立中学へ進学、長女は中学受験勉強中ですみっコぐらしに夢中。発達障害の息子に振り回される日々ですが、前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする

他の記事もご覧下さい♪

小中学生のおすすめ家庭学習をチェック!
小学生からプログラミングや英語、高校から「歴史総合」が始まったりと教育改革まっただなかの子供たち。 子供に読ませたい本、漫画、子供と一緒にやりたいこと、中学受験勉強、子育ての悩みなど、小中学生の家庭学習について参考にしてください♪
市川さんのおうちスタイル