日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較>>

役員さんも大変!担任の先生へのプレゼント・お礼は親たちにどこまで求めるか?

小学校生活

我が家の娘が小学校2年生の時、担任の先生がおめでたということで、産休に入られたことがありました。

そこででてきた問題が、先生へのお礼やプレゼントについて。

幼稚園・保育園から続く先生へのお礼やプレゼントですが、毎年続くこの習慣はかわらないのでしょうか?

スポンサーリンク

先生へのお礼や贈り物はどこまで親が協力するべき?

幼稚園の役員をやって思ったこと

子供たちが幼稚園の時、幼稚園の対応がとってもよかったので気持ちよく役員を引き受けました。

公立ではなく、近所の私立幼稚園です。(お受験じゃない私立です。)

 

幼稚園では、毎年恒例で先生へスクラップブッキングで作ったアルバム(子供たちの写真やメッセージカード)をプレゼントしていたため、役員がまとめて作成をする係となっていました。

卒園の学年には先生へのプレゼントも用意することに。材料費とあわせて100~200円くらい、賛同いただける方は協力してくださるように、役員からお願いもします。

 

わたし
わたし

これが、毎年賛否両論でして・・・。

 

みなさんの周囲はいかがでしょうか???

幼稚園や先生への思い入れは各家庭で様々です。

 

幼稚園からは、過熱しないよう、お母さんたちの負担にならないよう、強制ではないようにと依頼が毎年ありました。

私が役員の時は、毎年と同じように目新しいことはせず、簡単に手作りアルバムと先生へマグカップをプレゼントしました。(職員室でお茶ができるように、名前入りマグカップ)

 

トラブルはありませんでしたが、他学年の時はどんどんエスカレートし、アルバム作りに積極的に参加できる役員さんと、お仕事をしながらの役員さんの中でもめていたことがあり、荒れていましたね…。

 

やってあげたい!楽しくやろうよ!せっかくだからすごいものを作りたい派
VS
時間がとれないから簡潔に!ハードルをあげると次の年がやりにくくなるから簡単派

ということもあり、この時から役員問題が複雑化していました。

 

小学校の学級代表役員さんからの「お願い」

娘のクラスの学級代表のお母さんから茶封筒が届きました。

中には「お願い」の紙が入っていました。

 

「先生が産休に入られるため、子供たちからメッセージカードを渡したいと思います。両面に好きなことを書いてください。必ず、子供の写真を貼って、〇〇日までに提出をお願いします。また、先生へのプレゼントとして、赤ちゃんへのグッズを買いたいと思っていますので、賛同下さる方は100円を同封してください」

 

このお手紙と、白紙のメッセージカードが茶封筒に入っていました。

子供たちが通う小学校でも、学年やクラスによって役員さんが先生へのメッセージカードなどを企画していることがあります。

 

台紙の用意を役員さんが準備してくれていたので子供と一緒に飾り付けをして提出しました。

これをクラス全員分集め、キルティング生地の布で作った表紙にアルバムのタイトルをつけて素敵に仕上げて下さっていました。

 

お母さんたちの意見集

下準備やとりまとめは、強制でやるというルールもなく善意でやってくださっている役員さんですが、お母さんたちから色々な意見がやはりでてくるんですよね。

 

【様々な意見集】

これが産休じゃなかったら、ただのクラス替えだったらプレゼントはしないと思うが、公立小学校でこれはいいのか?

先生だって必要なら子供たちの写真を撮っているんだろうから、メッセージカードだけでよいのでは?

写真の現像は親の手間、子供だけでできることにしてほしい、

親の気持ちとしてそこまでするのか?

母親なら赤ちゃんが生まれるまで、赤ちゃんグッズをプレゼントするのはよくないということを考えていないのか?

などなど、役員さんの前では言いませんが、陰で色々言っている話が実際にあります。

 

わたし
わたし

う~~~ん、色々な意見が周りでささやかれますね。

確かに、赤ちゃんが無事、元気に生まれてくるまでは周囲が先走ったことを控えるようにということはよく聞く話です。

 

先生への思い入れがある、ない、してあげたい気持ち、強制しないでほしい、そこまでする必要なし、メッセージカードはわかるとしても、プレゼントはいらないのでは・・・

結局は陰で色々は言っていますが、学級代表をしてくださっている役員さんたちが考えて決めたことですので、みんな面と向かっては言わず、文句タラタラ言いながらも、協力しているようです。

 

まとめ

昔と違って、公務員の先生は金品などの受け取りには敏感になっており、逆に迷惑になってしまうこともあります。

 

先生によっては、わざわざ品物を送り返してくる方もいらっしゃるそうです。

物や程度にもよりますが、バレたら立場もまずいのでしょうね。

今の時代、金額の問題ではないということも言われています。

 

役員という立場は、もう色々なことを想定すること、例年の習慣、親の様々な意見など、考えることはたくさんあります。

 

中学・高校でもこのような習慣があるのでしょうか??

さすがに、大きくなれば子供たちの意思でやり、親がかかわらなくなっていくのかな?とも思いますが、今回のように、小学校卒業ではなく、産休の先生へどこまでするのがよいのか、その時その時のお母さんたちの対応によるのでしょうか・・・。

 

永遠のテーマなのかな??

 

役員さんを引き受けて下さっているだけでも、とっても有り難く、とりまとめたり、先生への対応も考えてくださったり、なかなかできることではなく、外野はいくらでも言うだけ自由です。

 

ただ、よかれと思ってやっていることが裏目にでないように、役員になった時は気を付けなきゃいけないことがいっぱいだなと思いました。

 

ベテランお母さんたち、陰で怖いです~!!

でも、色々な経験をしてきているからこその意見もあるんですよね。

あまり突っ走らず、周りの意見を聞きながら決めていくことがいいかもしれません。

小学校生活
スポンサーリンク
この記事を書いた人

長男はすったもんだしながらも中学受験で私立中学へ進学、長女は中学受験勉強中ですみっコぐらしに夢中。発達障害の息子に振り回される日々ですが、前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする

他の記事もご覧下さい♪

小中学生のおすすめ家庭学習をチェック!
小学生からプログラミングや英語、高校から「歴史総合」が始まったりと教育改革まっただなかの子供たち。 子供に読ませたい本、漫画、子供と一緒にやりたいこと、中学受験勉強、子育ての悩みなど、小中学生の家庭学習について参考にしてください♪
市川さんのおうちスタイル