学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

PTA・幼稚園の役員決め問題!親にとって恐怖の新学期がやってくる??

PTA・幼稚園役員

春になると、今年度も終わりだね~、卒園・卒業だね~と学年の一区切りの季節となります。

その一方で新しい学年、入園・入学と新しいスタートで子供にとってワクワクドキドキですが、親にとってはある意味、恐怖のドッキンドッキンという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

毎年恒例の役員決めというものがでてくるんですよね。

子供のクラス替えはどうなるんだろう?担任の先生はどんな人だろう?と子供のことももちろん気になりますが、親としては自分の1年間が左右される「役員決め」という言葉が気になります。

 

地域・学校・家庭環境、親の仕事によって異なりすぎるくらい、みんな事情が違うようです。

それでも、やる作業の量がみんな違えど役員と言う責任が重くのしかかっているという現実があります。

 

スポンサーリンク

母になって避けて通れない役員問題

幼稚園・保育園の役員

私自身は子供たちが通っていた幼稚園の対応がとてもよく、友達同士で役員をやってもいいよねということで引き受け、楽しくやることができました。

 

しかし、引き受け手がいなかった場合はじゃんけんで決める仕組みとなっています。

そのため年によっては嫌々引き受けた親たちが意気投合せず、雰囲気が悪い役員会になっていたこともあります。

 

じゃんけんで負けて会長になってしまい、泣きだし、しょうがなく他のお母さんが引き受けた例も・・・。

 

保育園での役員はみな親たちが仕事をしている条件が同じため、断る条件がまた難しいようですが、保育園によっても役員の大変さがかなり違うようですね。

 

小学校での役員決め(改革前)

子供たちが通うのは公立小学校ですが、PTAとなるとまた幼稚園とは違う役員の仕事がたくさんありました。

快く役員を引き受けたものの、メンバーによっては怖いお母さんたちも・・・。

PTA役員の出来事・・この歳になって他のお母さんに怒られた

 

こんな事情をみんな知ってか知らずか、新学期最初の懇談会で役員決めをしますが、その時間になると部屋を出ていくお母さん、下を向いたまま目を合わせないお母さん、最初から欠席のお母さん・・・。

ほんと、この時間って気まずい!!

というような役員決めが数年間続きました。

 

小学校での役員決めがひどい状態に

学年が上がるにつれて、役員決めの懇談会を欠席する人が増え、さすがに役員の決め方に問題がでてきました。

私も巻き込まれた1人なのですが・・・

 

恐怖のPTA役員・委員決めが今年もすごかった!好きでやっているんじゃない!気づけばいつも同じメンバー

 

全国的にもPTAの在り方が問題になってきていますが、役員の決め方も平等にという話があがり、改革が行われました。

 

小学校の役員決め(改革)

数年間は、役員免除についての条件や、基本は子供1人につき2役、PTA本部役員を2年やれば子供が在学中はクラス役員の免除などについて迷走していました。

 

軌道修正をしているうちに、新学期に立候補orくじ引きでサクッと役員決めが終わり、やり方が落ち着いてくるようになったところです。

 

PTA役員について思うところ

実際に役員をやってみると、この時間にパートで働いていたらいくらになるんだろう、ものすごく時間の拘束もあるし、作業も書類作成も引き継ぎも責任があり、つらいと思う人もいますし、さらにその中での人間関係でゴタゴタすることもざらにあります。

本来の目的は、自分の子供たちのために学校と親で協力するという役割のはずが、親たちが快く引き受けるどころか、親たちの関係性で負の連鎖というのもおかしな話です。

毎年毎年、何かしらの不平不満がでている状態。

 

そもそも、PTAは任意加入という話がありますが、卒業式のコサージュだったり、創立〇周年の記念品だったり、加入していない子供はもらえないという状態になってしまうんですよね。

 

PTAと学校の連携もわかりますが、切り離す部分、役割をもうちょっと見直せないのかなと・・・。

私自身も、半年間PTAの本部のお手伝いをし、集金でお金の管理をしていたこと、学校とPTAの境界線ってなんだろう?とも思いました。

 

学校側が給食費を引き落としにしないことで集金の手間が増えているし、小学校の事務をしている職員ではなく、親たちが給食費の集計をしたり半日近く時間をかけての作業になっていること、仕事をしている人も多い中でこんなに時間をさくことが必要なのかな・・・と学校側と話にもなりましたが、色々なしがらみもあるようです。

 

私にできることはやりますと言う人もいれば、仕事・病気・介護、忙しくてやってられない、できないのに責任を押し付けられても無理という意見も。

 

「役員」という抵抗感はあるようですね。

 

役員を引き受けたら子供の学校の様子もわかる、新しいお母さんたちと知り合いになれるなどプラス思考でいられればよいのですが、これ以上、自分の負担を増やされてつらいと思うお母さんもいます。

でも、みんな環境は違っても自分の子供が学校に通い、PTAという組織が動いてくれて入学式や卒業式、その他行事が行われている恩恵も受けています。

 

ここでまたPTA会費を払って会員に強制加入かどうかという問題もでてくるため、親にとって恐怖の新学期「PTA・クラス役員問題」はしばらく続きそうですね。