迷う保険選び「ソニー生命の学資保険」子供の私立進学時に嬉しい貯蓄タイプ

子供の成長は嬉しいものですが、節目節目にお金がヒラヒラヒラ~。

自転車操業のように家計をやりくりしている我が家ですが、子供が私立中学に進学するため、入学金や初期費用など大きなお金が必要となりました。

子供が小さい頃は、中学受験をするかどうかなんて考えてもいなかったのですが、子育てをする以上、どこかで教育資金は絶対に必要となります。

しかも、子供が大きくなるにつれて出費が増えていく状況。

そこで役に立ったのが、学資保険の存在でした。

スポンサーリンク

子供の成長段階で不安を減らす

子供がどのような道を進むかわからないからこそ、その時にできるだけ親として準備しておきたい。

(海外留学や医学部進学と言われても・・・普通のサラリーマンである我が家では無理なこともありますが・・・)

でも、今の世の中、会社もボーナスもどうなるか不明だし、銀行に預けても利率は低いし、タンス貯金しても使っちゃいそうだし。

と思いつつ、日々の生活はそれはそれで貯金するのも一苦労な現実を過ごしております。

我が家が選んだのは「ソニー生命の学資保険」

子供が生まれた当時、学資保険の中でとっても評判が良かったのがソニー生命の学資保険でした。

10年以上経った今でも、人気がありますね。

「戻りが100%を超えるなんて、本当?もし、つぶれたらどうしよう?」

という想いも正直ありましたが、周囲の評判も良く、貯蓄性重視で加入しました。

ソニー生命の学資保険「進学学資金」

ソニー生命のタイプ(我が家の場合)

息子が生まれた時に契約したプランでは、保険の期間が17歳までの保険金額が150万円タイプ。

年払いの方が返戻率がよいので、まとめて子供2人分の出費が痛いのですが、やりくりしてきました。

息子が中学進学時に45万円、高校進学時に45万円、満期(大学進学時)で150万円、合計240万円というものです。
(13年前の契約です。)

※2017年4月~の改定により返戻率が110%くらいのものが、105~108%になったり、商品の値上げがあったようですね。

プランはいくつかあり、契約時の子供の年齢などによって金額が変わります。

・出来るだけ早い時期から始めた
・お金の受け取りを出来るだけ遅くするつもり
・支払い金額を多くする

などによって、契約金額や満了日、戻り金額などが異なりますので、最新のプランでご確認ください。

子供の入学準備で助かった!

息子が私立中学に入学したことで、入学金で30万以上、初年度費用はかなりかかります。

中高一貫校といっても、高校進学時には入学金がまた必要となるんですよね。

なので、我が家の場合は、中学進学時と高校進学時にまとまった金額がもらえるソニー生命はとても助かります。
(繰り越しも可能。)

しかも、進学学資金(中学・高校進学時の途中払い)ありのプランだと11月中に請求書類が届き、申請したので12月1日に振り込まれていました。

ちょうど受験・入学にお金が必要な時だったのでナイスタイミングです。

(自動的に12月1日に振り込まれるのではなく、請求書類の返送が必要です。据え置きも可。)

※受取時期に関しては、お子様の誕生日、契約日などによって変わることがあるかもしれませんので、最新情報をご確認ください。

Q.手続をしたら、いつ学資金は振り込まれるのでしょうか?

【進学学資金】
当社が請求書を送付した年の11月末までに、請求に必要な書類が当社に到着した場合は12月1日に、それ以降の場合は請求に必要な書類が当社に到着した日の翌日から起算して5営業日以内にご指定の口座にお支払いします。
※ご契約状況や金融機関の営業日等の条件により、お支払いに時間がかかる場合があります。

例:2017年11月20日書類到着の場合、2017年12月1日にお支払い。
  2017年12月11日書類到着の場合、2017年12月18日までにお支払い。

【満期学資金】
満期日以降に請求書が到着した場合は、請求に必要な書類が当社に到着した日の翌日から起算して5営業日以内にお支払いいたします。満期日前に請求書をご提出いただいた場合は、満期日のお支払いとなります。満期日が非営業日の場合は翌営業日のお支払いとなります。

(2018年8月・ソニー生命の「よくあるご質問」より)


保険の選び方に迷ったら

新しい情報を知りたい!



私みたいに、金額の数字や仕組みがよくわかっていない、どういうところに注意が必要か、学資保険に限らず、生命保険などもいくつかの会社やプランで迷いますよね。

みんなはどうしているんだろう?

何に気を付ければよいの?

今はどういう保険が人気なの?

用語が難しくて気がのらないけど、やっぱり保険って大事だよね。

学資保険って本当に必要?

保険っていうと、海外旅行でしょ、自転車でしょ、車でしょ、もちろんガンや生命保険でしょ、火災や地震なども心配、最近ではペットも保険をかけているみたい。

今の支払いが大変になるけれど、「いざ」「もしも」という時にやっぱり保険って大事だよなぁという思いが行ったり来たり。

素朴な疑問から見極めるポイントなど、保険ROOMというサイトがおすすめで最近、保険全般を考えるようになりました。

・こども保険と学資保険のちがい
・学資保険の返戻率や利率が高くて有利なものの選び方を徹底解説
・がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方

など、例をあげたらキリがないのですが、保険全ジャンルの情報がたくさんあり、興味ある内容も多くて読みやすいサイトです。

しかも、記事の更新日などが記載されているので、情報が新しいところが安心!

保険を見直すきっかけに

ガン保険など、日々色々なプランがでてきていますし、保険を見直すことも必要ですよね。

20代に夫婦でアリコの生命保険・掛け捨てタイプを選んでいました。

引き落としだし、健康であったため、あまり気にしないまま放置。

いつの間にかメットライフ生命に名前が変わっていたことにふと気が付いた私たち夫婦。

そういえば、CMが変わっていたような・・・。
(いつの時代だよ!というツッコミはなしで(笑))

あまり気にしないで保険をかけっぱなしで放置したまま過ごしてきたよね。

子育てでまだまだお金がかかる時期にもしも、大黒柱に何かあったらやっていけない・・・

リスクを考えると、40代となった今、恐ろしくない???

というわけで、保険のタイプを見直すことにしました。

自転車保険情報も気になった

そんなこともあって、ついつい保険ROOMで最新情報を楽しく読んでいると、次々と気になる記事が・・・

ふと、目に入った記事がこちら。

【2018年最新動向】自転車保険の義務化の地域は?違反の罰則はある?

えっ???

地域によって自転車保険が義務化なんて知らなかった~!

自転車保険の義務化予定の地域情報もあり、やっぱり情報が新しいっていいですよね。

そんなこんなで、あまり保険や税金など、お金は気になるけれど仕組みや数字が苦手な私は、無知のまま30代を過ごしてきました。

保険は早めにかけ始めた方が金額が少なめになるし、もしものために、情報収集は大事です。

ぜひ、参考にしてください。