学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

中学受験の時事問題対策は?詰め込みで後悔した体験談とおすすめ情報

各教科対策

2018年の中学受験組だった息子でしたが、最後までヒヤヒヤしたことは「時事問題対策」でした。

次々と世の中では色々なことが起こるし、用語は難しいし、ただでさえ、やる気スイッチが入ったのが入試本番の1~2ヶ月前だし、焦っても時間に限りが・・・

 

時事問題は知っているか、知らないかで点数に差がでてしまうこともあるため、不安でした。

というか、息子自身はそこまで深く考えていないであろうという状態だったので、私ばかり焦っていた入試直前。

 

実際に入試を体験してみて、時事問題に関して知ったこと、思ったこと、後悔したこと、おすすめなどを私の視点から体験談として書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

時事対策はコツコツとやるべきものだったけれど・・・

5年生で参加した各学校の入試説明会

子供が5年生の時、だいたいの志望校を決めていたので、中学校の入試説明会に参加しました。

 

入試説明会では、各教科の出題について話があり、どの学校も

「理科・社会は時事問題も出題します」

というお話がありました。

 

過去問を見れば、どんか感じか出題傾向がわかりますが、時事問題に関してはどういう出題になるだろう・・・。

次々に湧き出てくる世の中の出来事をズバッと聞いてくる問題だったり、出来事から派生した問題が出て来たり、どうやって手をつけていいものやら

 

5年生の段階でこういう話を聞いていたので、少しずつ準備をしなきゃなと思っていました。

しか~し!!

我が家の中学受験勉強がこの後、予想外の展開になってしまい・・・

 

中学受験を続けるかやめるか?気づけば秋に

私の中では、時事対策はコツコツやらなきゃと気にして、日々のニュースについて息子と話をしながら進めていこうかなと思っていた新6年生のスタート時期・・・

4年生から通っていた日能研に行かなくなった息子。

しかも、学校も不登校気味になり、やる気ダウン。

6年生春には日能研を2ケ月休会するという状態で、中学受験から離脱していました。

 

その後、日能研に復帰したものの、日々の生活態度はめちゃくちゃ、やる気スイッチなんていつまでたっても入らず、夏期講習はちらほら行ったものの、夏休み明けには過去問対策すら提出しない・・・

中学受験をするか、しないか、すったもんだを繰り返し、気づけば秋になっておりました

 

不安定になりながらも、「中学受験はやめたくない」という息子を理解してくれた塾のおかげで、なんとか得意科目の理科と算数に救われて上位クラスに在籍し、やっと自覚が出始めたのが入試本番2ケ月までという状態でした・・・。

 

なので、そこから一気に時事対策を始めたため、一言でいうと、我が家のやり方は「詰め込み式」。

後悔というか、すったもんだしていたのだから、しょうがない状態でもあったのですが、とてもおすすめ出来る理想の対策ではありません

 

まぁ、それでも受験するのだから出来る限りのことはしなきゃ!という想いで、あがいてみました。

 

急ピッチでやった時事対策

日能研の授業では?

日能研の理科や社会の授業でも時事に関することは出てきます。

テストにも組み込まれていましたが、本格的に入試対策となると6年生の冬。

日能研だけで十分だったかというと・・・我が子の場合は日常生活がめちゃくちゃで塾もまともに行っていなかったからなぁ。

それでも、過去問を見てみると、塾だけでは足りないと思います。

 

我が家の状況といったら、不登校状態の時期もあり、受験に前向きでなかったこの半年。

新聞を読んでいない、ニュースもあまり見ていない、塾で教えてもらったり、小学校で話題になっていたこと、私が気になったことを話していた程度・・・

わたし
わたし

かなりマズイ・・・

 

時事の用語は聞きなれない、小学生にとって難しい、量が半端ない、内容がわかりにくい、世界が絡んでる、そんな簡単にあれもこれも無理~!

 

世界情勢、国会、自然・気象などのニュースを聞くたびに、5~6年生は「もしかして入試にでるかも?」とヒヤヒヤでした

 

プロの力に頼ってみた「スタディ・タウン」の時事問題

時事問題関連の本が発売されるのが11月くらいです。

写真付きでわかりやすく、特に注目された記事が書かれていたり、入試予想問題がついていたりします。

 

息子の場合は、時間もないし、一気にやらないと間に合わない・・・。しかも1人で本を読んで全部理解するのも不可能だし、私がべらべら説明しても、効率が悪そう。でも、何もしないでいられるほど心の余裕もなく、最後の悪あがきでも何とか出来る限りのことを・・・

 

と思って、プロの力をちょっと使ってみる決心をしました。

 

株式会社シンドバッド・インターナショナルが運営する「スタディ・タウン」の映像授業で、時事問題対応があるんです。

前から気になっていたのですが、なにせ値段が高い!!

 

息子が今度こそ本気でやる気を見せてきた(もう2ケ月くらいで本番なんだけど・・・)ので、「〇〇年用 中学入試に出る時事問題・社会・理科」(社会だけ、理科だけというのもあります)を購入しました。

 

スタディ・タウンの「中学入試に出る時事問題・社会・理科」

11月以降になると、次々に入試対策用の最新情報がアップされてきて、理科・社会のそれぞれの映像授業を見ることができます。

分野が地理・歴史・国際・宇宙・生物など、時事に関するテーマが分類されています。

 

ただ動画を見るだけでなく、動画にそった板書されたものや過去に出題された入試問題が少しテーマごとにあるので、プリントアウトした方が使いやすいです。

 

動画の説明は、用語や関連事項を穴埋めしながら解説授業をしてくれているので、時間があればゆっくり聴きたいところですが・・・

 

息子は時間の使い方が下手。

ただでさえ他教科もやるべきことがいっぱいなので、ゆっくり動画を見る時間がない!

 

というわけで、動画を早送りしつつ、黒板内容をプリントアウトして用語を確認、掲載されている問題を試してみるという使い方をしていました。

 

実際に印刷してみると・・・

すっごいボリューム!!
こんなに世の中では色々な出来事があったんだ・・・
私の方が知らないことも多いし、説明も無理!

特に、外交・気象・宇宙に関する用語が難しくてとっても助かりました。

 

結局、出来る限りのことしかできないので全部制覇できたわけではありませんが、時間不足の中でも集中してできたので、心強いものでした。

 

サンプル授業を視聴してみるといいかもしれませんね。

 

私の正直な感想としては・・・

  • 普段から子供新聞などを読んで対策をしているなら必要ないかも
  • 短時間で効率よくというのであればおすすめ
  • でもお値段が高い
  • 内容が細かく、関連した話も出てくる点がありがたい(例えば、国会や天皇について関連する歴史や政治の復習)
  • 最新版が11月以降の配信なので、入試本番まで時間が足りないので動画視聴の時間確保をどうするか
  • 1年前の映像も見ることができた(購入時期によるかな?)
  • 時事関連の内容が上っ面だけ、用語が羅列しているだけではなく、内容が濃いのはさすが
  • ボリュームがある(書店で販売されている時事関連の話題よりも内容が深い)

 

結論としては、

正直、受験本番前の時間の使い方、金額、子供の吸収具合など、それぞれの価値観があると思うので、他にやり方もあるだろうし、何ともいえないかな。
ただ、我が家としては息子も慌てだした時期が遅かったので、記憶力が良い方でも頭がパンク、消化不良気味で駆け足で突っ走って、ざっくりにしか出来なかった、でもやらずに不安でいるより後悔はない。

という感じです。

 

どちらかというと、「時間がない~!」「全部覚えられない~!」という親の焦りがありました。

 

試験日が早い埼玉入試の問題で情報収集

我が家は千葉入試が本番となるため、1月20日からスタート。

関東では1月10日から埼玉入試が始まり、2月1日から東京・神奈川が始まります。

 

日能研では、すぐに入試問題がアップされ、塾生は見ることができるので、いくつかの埼玉の学校の入試問題を実際に見て現実を知ろうと思いまして・・・。

こういうところは、塾のデータ量の強みと速さが助かります。

 

理科や社会の時事問題を見て、どんな用語が注目されているのか、どんな話題がでているのかを見て活用していました。

わたし
わたし

こういうキーワードがわからないと問題の意味もわからなそう。

わたし
わたし

これから息子が受ける学校でも、こういうのがでるかも。

 

もうね、ドッキドキ。

ずっと時事問題ばかりに取り組んでいる時間もないし、焦ってもしょうがないと落ち着き、子供の様子を確認しながら、時期的にも無理にあれこれ詰め込むことはやめました。

 

子供も飽きてくるみたいなんですよね・・・そんなこと言ってられる状態じゃないのに

 

日能研・サピックス・四谷大塚のHPを活用

日能研のサイト

日能研では、塾生用の会員ページに「毎日能研」という、毎日新聞とコラボで身近なこと、世の中の出来事について考えるコーナーがあります。

 

実際の新聞記事の1テーマが掲載され、「~考えてみましょう」「どう思う?」というように、子供に投げかけている作りとなっています。

 

1週間に1テーマくらいのペース、バックナンバーで過去の内容もたっぷり見ることができるので、塾生なら活用しないともったいないかも!

(存在を知っていたのですが、なにせ息子の6年生はとにかくすったもんだで、受験をやめようと思っていたくらいで活用できていませんでした~

 

サピックスのサイト

サピックスは読売新聞とのコラボで「じじもんスクラム」というコーナーがあります。

サピックスのHPから誰でも見ることができます。

 

1週間にいくつかの見出し、一言ポイントが書かれている一覧が毎週掲載され、バックナンバーもあります。

実際の新聞記事に対応したページが書かれているので、読売新聞を見て切り抜いて、スクラップブックをつくろうというコーナーです。

 

本来は、こうやってコツコツ積み重ねをしながら時事対策をするべきなんですよね。

サピックスのすごいところは、1ヶ月に1回、10問の復習問題があるので、日々ちゃんとやれば、入試前に慌てなくてすむという、まさに理想です!

 

四谷大塚のサイト

入試直前に四谷大塚のHPを見た時、毎週金曜日に時事問題対策の重大ニュースが更新されていたような・・・

ドタバタした入試直前にちょっと見ただけなので記憶があまり残っておらず、すみません。

秋に出版される「ニュース最前線」をフォローアップするため、サイトに更新されていたという感じだったと思います。

 

受験家庭にはコピー機が必需品!

過去問対策でもそうですが、こういう時にも自宅でプリントアウトができるコピー機は大活躍です。

特にB4、A3対応のプリンターは受験家庭で必須アイテム!

置き場所に困りましたが、バンバン印刷ができるコピー機は本当に重宝しました。

 

 

プリンターについては、こちらで詳しく書いているので、参考にして下さい。

A3対応複合プリンターを結局買っちゃった!中学受験ではコピー機が必須アイテム?

 

最後に

 

本来ならコツコツと対策するべき時事。

私も入試説明会などで聞いていて、心の準備はしていたつもりでしたが、息子自身が動かず、というか塾に行かず、学校も、生活態度も、勉強も・・・あぁ~~~~!という状態だったので、私がかなり焦りました。

 

スタディ・タウンを利用してお正月も取り組みましたが、実際に子供の頭に定着していたかというと、詰め込み式であとは神頼み!

 

聞いたことがあるのと、まったくちんぷんかんぷんよりはいいかなという気持ちもありましたが、実際の入試問題は本当に何がでるかわからず、太刀打ちできないところもありました。

 

1点で差が付く入試となると、もちろん計算間違いや読み間違いなども起こりえますが、時事だって知っているか知らないかで影響することもあります。

 

幅広く世の中のことを知っていた方がいいに決まっているのはわかるけれど、6年生の子供にとって難しいですね。

世の中が目まぐるしく変化している中で、日々の積み重ねが大事だなと思いました。