スキー合宿へ子供1人で行かせた体験は貴重!可愛い子には旅をさせよ

何度も繰り返していますが、息子が小学校2年生の頃、とっても学校で問題児でした。

協調性がない?親に甘えすぎ?一人で何かをする力をつけさせたい!

と思い、ちょうどサッカー教室でもらってきたパンフレットに興味を持ちました。

色々開催されている、子供向けの体験プログラムにいつか参加させたいな~と思っていたのでパパに相談です。

スポンサーリンク

幼稚園児・小学生・中学生が体験できる子供向けプログラムがたくさん

きっかけは、息子が習い事をしていたトーマスサッカースクール(TOMAS SOCCER SCHOOL)でサッカー合宿の冊子をもらってきたことです。

その冊子にはサッカー合宿だけでなく、他にもたくさんの種類の体験合宿が載っていました。

体験型教育プログラムを行い、子どもたちの人格形成・情操教育をサポートする専門塾

「スクールツアーシップ School Tour Ship(以下STS)」

キッズプログラムを主催している会社はたくさんありますが、いつも習い事をしているサッカー関係なら安心かなと思い、色々読んでいると、案内には、

”スクールツアーシップは子供たちの興味や挑戦心を刺激し、チャレンジ精神を育みます。”

とありました。

教科書では学べない机から離れての体験で社会やルールを学ぶという、まさにうちの子にやらせたい!という内容じゃないですかっ。

息子は、小さい頃からお母さんにべったりな子だったので、ちょっと親としてもいきなり知らない世界に放り込むには不安がありましたが、ここは

「可愛い子には旅をさせよ」作戦です。

親も少し、子供から離れてみようかなと思いました。

スクールツアーシップが開催しているプログラムは豊富で、春夏秋冬にあわせて子供が楽しむ内容が盛りだくさん!

親として息子に選んだ内容は、

3泊4日の長野県スキー合宿

でした。

スキーには家族で数回行ったことがあったのでボーゲンは出来ていたこと、ちょうどやらせたいと思っていた時期が冬休みのプログラムだったことで、決定。


スキー場でよく子供たちがゼッケンをつけて、コーチに並んで滑っているのを見かけていましたが、あんな感じですね。


小さな子たちが列を作って、広いスキー場のゲレンデを必死に滑っている姿を見て、親から離れてこの子たちすごいな~と思っていたことがありました。


親と一緒だと、スキーの板やストック、その他のことも全部自分でやらなきゃいけないんだから、これは甘えていられないですよねっ!



なぜサッカーを習っているのにサッカー合宿に行かせないの??

と、お気づきでしょうか・・・

息子は、昆虫大好きっこで運動神経はまぁまぁ、もともとサッカーで集団の協調性をつけたかったために始めた習い事でして、

親が見ていてもサッカーセンスはなかったんですよね・・・

小学校の先生がきっちり細かい女性の先生だったこともあり、お兄ちゃんタイプで元気あるコーチたちから刺激があるといいなというのが目的でした・・・

というわけで、スキー合宿は3泊ということもあり、値段もかかるけど行かせてきました。(なんだかんだと7万円くらいしたかな?)


行かせてよかった!ものすごい成長して帰ってきた!

私自身は引っ込み思案タイプだったので、知らない人たちと知らないところへ、しかも3泊もするなんてぜ~~~ったい嫌だというタイプでした。

しかし、息子には前々から「スキーに行けるよ~。1人で参加する子もいっぱいいるよ~。ちょっと冒険しておいでよ。幼稚園のお泊り保育もできたし、大丈夫だよ!」などなど、気分を乗せるように言ってきました。

ちょっと弱音発言になると、パパが

「修行だ!」

の一言。

意外にも、そんなに嫌がらず当日もすんなり観光バスに乗って出発しました。

着替えやスキーの予備なども1日目、2日目・・・などビニールにわけて一緒に支度をしましたが、もう面倒になったら同じものを着てもいいっかというくらい荷物の量がいっぱいでした。

残った私と妹の方がさみしかったかも・・・。

3日間も息子がいないと、やっぱり色々と心配でしたが、スクールツアーシップにおまかせです。

帰り迎えに行くと、めっちゃくちゃ楽しそうに一緒に過ごしたみんなとお別れ。

子供って順応性があるんでしょうね。

生き生きとして帰ってきました。

たくさんの体験談を聞き、荷物の忘れ物もなく、しっかり?と自分でやってきたことで本人もすごく自信になったようです。


しかも、スキーが上達したということで、家族でそのシーズンにスキーへ行ったところ、

あれっ??すっごく上手になっているじゃない!!

と、私はすでに我が子についていけない状態に。

数年経っても、このスキーの時にあったことなど話がでてくるので、親のいないところですごい貴重な体験をしてきたんだなと感じています。

どんどん知らない世界に飛び込んで、親以外の人からも刺激を受けて、成長していくことはいいことですね。