栄光サイエンスラボの中学受験コースはものすごい充実感!時間を作って継続中

息子が小学校3年生から習い事として通っている栄光ゼミナールの実験専門教室「栄光サイエンスラボ」

3,4年生の間は隔週の土曜日で月に2回通っていましたが理科大好きの息子は、もう何としてでもやめたくないと自分の意思がはっきりしているくらいお気に入りの習い事です。

中学受験も5年生からは大変になることもわかっているし、日能研のカリキュラムテストや公開模試が土曜日の午後という時間に変わったため、サイエンスラボとの兼ね合いが厳しい状態に・・・。

そこで昨年末にスケジュールを考えなおしてみたのですが、片道に車で30分かかるため、今まで通りのように実験教室に通うことは厳しい~!

>>子供が中学受験コースで継続希望!栄光ゼミナール理科実験教室の魅力

栄光サイエンスラボは、栄光ゼミナールのどの教室にもあるわけではないので、教室が限られているんですね。

色々と検討した結果、平日の夜7時からの授業枠があったため月1回の中学受験コースで継続してみようということになりました。

スポンサーリンク

栄光サイエンスラボの中学受験コースで頑張れ!

サイエンスラボも中学受験と同じく2月から新学年がスタートします。

息子が3年生から始めた時はこのことを知らずに、春に体験ラボをして3月からスタートとなりました。

もちろん、途中からの入会でも1回1回が単発の実験なのでいつでも入りやすいのですが、1回の授業が定員が8名なので埋まってしまっている可能性もありです。

平日の中学受験コースが始まりましたが、学校から帰ってきて出発までやることをやったり、夜ご飯を食べたり、親としては慌ただしいですね(汗)

クラスでは2名で、もう1人はサピックスへ通塾中の女の子。

実験台での作業なので、おしゃべりをしながら和気あいあいと楽しそうです。

夜7時~8時30分まで授業するスタイルは今までと同じなのですが、中学受験コースはその後20分くらい、実験でやった内容の入試問題を少しやります。

今回は、「肺のつくり、呼吸について」でした。

実際に自分たちでよくある肺の仕組みがわかるもの(肺のふくらみ、横隔膜の下がり)を作り、計画、実験、結果、考察を書いて先生に見てもらうまでの作業です。




まだ肺の単元は塾ではやっていなく、家庭学習程度だったので入試問題はあやふやな状態でしたが、息子は次の実験の時の単元を先にやりたい!とやる気十分。

内容的にはやっぱり面白い!!


ただ、終わりの時間が9時過ぎで帰ってきたら9時半。

この日はほとんど何もできない~!

けど、理科の勉強はしてきているし・・・

ちょっと複雑です。

月2回のコースは半年に1回、学会(親たちの前で発表)があり、そのための練習や準備があるのですが中学受験コースでは学会がないので、月1回くらいならなんとかなるかな。

とりあえず、様子を見ながら続けたいなと思っています。

授業終了後に、先生が今日の様子をお話ししてくれるのですが、身近な疑問をふと雑談で聞いてみると

「私も気になって調べたことがあるんですけど、・・・・」

と話が盛り上がってしまうことも。

先生たちも理科を楽しんでいるな~という印象です。

小学校の理科離れと騒がれていますが、ただ見ているだけの授業ではなく好奇心がでてくる実験教室のやり方はいいな、私もやってみたかったなと思います。

このカリキュラムを見ると、う~~~ん、1年間やりたくなるよね(笑)