中学受験の苦手科目!国語が出来ない5年生・長男がやっと読解を意識して特訓中

4年生から散々な苦手科目の国語ですが、良くても平均点をちょっと越えたり、ガクンと下がりまくったり、ジェットコースターのようで毎回ハラハラの成績です。

5年生になり、中学受験ということで文章も難しく、内容もちょっと複雑になってきました。

他人の気持ちが特にわからない子に、物語文で女の子のやきもちなんて全くの意味不明で、解説するのも一苦労。。。

でも、さすがに算数・理科・社会の成績が良くても国語が悪すぎて残念な結果になったことも多々あり、本人もちょっと特訓しようかなと意識し始めました。

ず~っと言っていたんですけどね・・・やっと重い腰がちょっと浮いたようです。

スポンサーリンク

読解は読書ではない!解き方のパターンから復習

今の問題点はココ!

日能研のテキストを授業でやってきて、家での宿題もこなしているのですが、答え合わせをしてみると読解のやるべき作業をやっていなんですね。

テストの問題用紙を見ていても、所々に線引きはしてあるものの、意外ときれいな状態でノーチェック。

今まで何回も、

「もっと線引き、矢印、メモ、マークをつけて!!」

「わからない言葉でつまずかないで、すぐ切り替えて前後から想像するかとりあえず飛ばして!」

「問題をよく読むと、ヒントがある場合もあるから、聞かれているポイントを確認して!」

「答え方を設問の答え方にあわせて!」

「選択問題は、紛らわしくしているから区切って確認!文章と違う部分を見つけるか言い回しが違う表現に注意」

他にもあれこれ復習の時には確認をするのですが、いざテストになると、何かしら

スッポ~ン!!

と焦りもあり、抜け落ちてしまっているようなんです。

語彙力が足りないのも問題の1つかもしれません。

苦手な子供に教えるのって難しい~

今は本屋さんに行くと、たくさんの読解の解き方に関する本がでていますね。

親に対する本もありますし、問題集も様々。

私自身も国語が苦手だったので、読解のことなんてよくわからないままでしたが、こうやってワザについて書いてある本を読むと、

「問題を作る側もそりゃ考えているよね・・・それを小学生が解くんだから難しいよな」

と、妙に納得。

実際、算数と同じで、解法を知っているのと知らずになんとな~く解くのではやはり正解率が違ってきますよね。

それプラスこなす問題量??

特に、文章から色々なことを想像するなんて、なかなか至難の業に思えます。

やりにくいから、苦手だからといって親子で放置しているわけにもいかないので、国語に真剣に取り組みなおすことにしました。

今はこちらの問題集でポイントを確認しながら集中特訓をしています。


簡単に物語・説明文・随筆文・詩ごとの注目点が簡単にまとまっています。

塾で習ってきていることなのでしょうが、やはり授業だけではよくわかっているような、いないような・・・結局使いこなせていないので、これからはじゃんじゃん意識していってもらうように確認です。

問題文もそれほど長くなく、ポイントごとに練習ができるので、まずはこれをクリアさせようと思っています。

ステップアップにやりたい問題集



親子でやるならこの本はいいなと思いました。



親子でやっていると、子供はその時はわかった気がすると思うんですね。

ここで親も一緒に一度、勉強です。

子供が問題を解いてみると、線引きの仕方や内容の理解の不足部分が親としてもわかるので、色々な文章に触れてもポイントを押さえていけるかどうかチェックができます。

子供が理解していない以上、親としてもできることは一緒に・・・と思いつつ、かなり苦手なだけに親子で頭がグルグル~。

1人でやれといっても、子供は逃げるだけですからね。

でもいつまでも親に頼るようでも困るので、お互い頑張るしかないです。

もっともっと欲を言って、やれる時間があるかどうかはわかりませんが、こちらの3冊も人気があります。




息子にはまだまだ難易度が高い気も・・・。

この3冊は設問に答えるというよりも、

説明文・論説文ならキーワードを使っての要点をまとめる、随筆文なら筆者の体験や心情をまとめる、物語文なら場面ごとの出来事や主人公の言動・気持ちをまとめる

という記述です。

これができると、違う角度からまた国語の力がつくと思うのですが、余裕がないかも・・・。

まずは、日能研のテキストで覚えた解法を試して習得していく練習が我が家では先ですね。

まとめ

なかなかやりにくい国語で、特に人の気持ちや想像が苦手な息子。

サピックスの入試報告会でも、ある学校で三角関係の恋愛の話が問題に出たそうです。

サピックスの先生が

「『恋人』を『変人』と書いてしまうような男子には厳しい問題だったでしょう。」

とおっしゃっていて、みんなで爆笑。

ただでさえ、男の子にはさらに難しいテーマが待ち構えているんですよね。

でも、本人なりに頑張っているので、出来る限り私も応援するつもりで一緒にやっていこうと思います。

もちろん、塾で教わってきているものはわかっているようですが、それをテストに活かせてない・・・。

塾のノートと問題集やテクニック集でポイントを確認です。

もう、あがきまくっています(泣)

4年生の時より、テストの記述も自分なりに書こうとするようになって進歩したので、ちょっとずつの歩みですが、点数につなげられるようになるといいなと思っています。