学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

もしかして、うちの子ADHD(発達障害)?小学校の先生から面談依頼

幼児期・小学校低学年

息子が小学校2年生の時、やんちゃで好奇心旺盛な息子は、やられたらやり返すタイプでお友達とのトラブルが絶えませんでした。

しかも、筆箱の中身が空っぽだったり、物の管理ができていない、自分勝手、相手のことを考えていないということで、担任の先生からよく電話があり、色々なご家庭に謝罪の電話をしていた時期がありました。

ある日、女性の担任の先生から面談依頼がありました。


「勉強面では問題ないのですが、お友達との関わりが苦手なようで…精神年齢が幼いのかもしれません。一度、児童センターで相談されてみてはいかがでしょうか?」


と案内をいただいたんです。


もしや、これって…うちの息子に何かある??と感じ取りました。


もともと、幼稚園の時から、色々ありましたが、やんちゃな男の子?成長過程?性格?と思いつつ、もしかしてADHD(発達障害)ではないだろうか?という気持ちもあったんです。

昔はクラスに1人や2人、問題ありの子がいましたが、その程度かな~?境目がわからない…、でも、小さい頃から手がかかる子だったし、ADHDのチェックで当てはまる項目がかなり多いし…。

もしADHDなら周囲の協力も必要だし、対応を考えていかないと…と思い、主人と相談しました。


スポンサーリンク

発達障害専門の病院で受診

児童センターの予約をして1ヶ月待つくらいなら、専門の病院で診てもらうことにしましたが、どこもいっぱいで新規受け付けをしていないところが多く、やっと見つけた病院でも半年待ちということで予約をしました。

半年後、やっと病院で診てもらうことになり、初回は先生とお話し、次回に脳波の検査と知能テストを受けることになりました。

そして脳波の検査をした結果、

「昆虫のことが好きなようで、こだわりがあるんですね。確かに、この子はわからないことは言い聞かせてあげないとわからないままなので、ずっと教え続けて下さい。ちょっと変わった子と思われるかもしれませんが、知能の問題もないのでADHDとはなりません。」


ということでした。

あぁ、この子は相手が嫌がっているのに人の気持ちがわからないの?と思っていましたが、言わないとわからないんだなとやっと納得しました。


確かに、相手が嫌そうな態度をとっても、気づかず(というより、気づこうとせず)、「嫌なら嫌って言ってくれなきゃわからないじゃん!」という自己チューな息子だなという状態だったんですよね。


しかし、2年生が終わり、3年生のクラス替えでスポーツタイプの男性の担任にかわり、息子もガラリと変わりました。

もちろん、2年生の先生からの引継ぎで息子のトラブルについてはしっかり聞いていたようで、

「僕がなんとか信頼を回復させます。周りの子たちに、怒られている姿しか見せていないのでこのままではいじめにつながります。みんなの前で褒めるようにして周りの目を変えさせるチャンスだと思っています。」


と言ってくださいました。

3年生になってから、息子の大好きな昆虫知識がみんなに伝わり、トラブルもめっきり減り、先生からの電話も一度もなく、私も謝罪することがなくなりました。


筆箱の中身チェックはしていたので、空っぽではなくなりましたが、やはり物の管理はイマイチでした。


物に関しては自分が困ることであって、まずはお友達とのトラブルが減ったことは担任の先生との出会いがとても大きかったと思います。

担任の先生との相性が今後も左右されていくのかちょっと心配ではありますが、子供もいつか気が付いていくんだなと感じました。

集団生活の良いところですね。


ママ友からは「いつか落ち着く時が来るよ~」と言われていましたが、それがいつなのかわからず、不安でした。

ついつい周りから言われたことに不安になり、先が見えませんが、一つ一つクリアしていくうちに親子で成長していくのかなと思います。


人の気持ちがわからない子だった息子が、中学受験の読解で、気持ちの変化なんて読み取れるのかしら??という問題がこの後、4年生で発生です(汗)