日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較>>

日能研のカリキュラムテスト5年生の結果・2016年7/2 第9回

日能研5年生

ここ最近、成績低迷でさまよい続けていた息子。

今回のカリテは学校行事が色々とあり、勉強時間を確保できないまま親だけ焦った状態でなんとかお尻を叩きつつ、受けてきました。

日能研は基本的にクラス替えのタイミングが少なく、5~7回のテストで平均を見て、クラス替えが行われます。

イマイチ制度がよくわかっていないのですが、日能研の中でも、本部系と関東系とわかれているそうで、またちょっと仕組みがちがったりするそうなんですね。

息子が通塾しているのは本部系です。

なので、同じ日能研でも使うテキストやカリテ・模試などベースは一緒でも、副教材や宿題、やり方が違ったりしているみたいです。

スポンサーリンク

平和な日々ではなかったけれど、ちょっとずつ進歩

ちょっとずつ本人なりに理解してきた様子

毎度毎度、バトルが続いて1ヶ月近く?

というか、4年生からバトルしているようで、もう1年半??(笑)

何回も話し合ったり、塾をやめろだの、息子自身も口答えばかりで勉強どころではない日々もありました。

ここ最近、やっとすこ~しずつですが、息子自身、行動力がまだ伴っていないこともありますが、生活態度・勉強態度にも変化がでてきました。

息子が突然、

「お母さんがしつこく(←カチン・怒)注意してきたことが、やっとできるようになったでしょ?」

と言ってきました。

私、ここで心をひろ~くして、

「そうだね!この調子で挽回して復活したいよね!やればできるじゃな~い!」

と笑顔で答えました。

しかし・・・やっぱり現実として、中学受験の試験日は先延ばしにできません。


「お母さんが4年生から言い続けて1年半。やっと1年半かかってできるようになったけど、これから先、今注意していることが1年半後にできるようになったんじゃ、もう受験終わっちゃってるからね~!」

とチクリ。

息子も能天気なので、

「それくらいわかってるってば~!」

と子供らしいっちゃ子供らしいんですかね。

テスト結果はというと・・・

学校行事が事前にあることがわかっていましたが、結局、あれもこれもやりきれなかった本科や栄冠。

算数の割合も、手を抜いて線分図を書かなかったり、ごちゃごちゃになっちゃったりしつつ、とりあえず短期集中。

社会も本科・栄冠以外に何をやればよいかわからず、サラッと復習。

国語は相変わらずですが、やっと線引きしたりメモ書きをするようになって少しは前進。

理科のばねの問題は栄冠以外、やる時間なし。

なんだか中途半端な状態(いつもそうですが・・・)でカリテへ。

テスト後、

「息子は全部で30問ちょっと間違えた~」

と言ってでてきました。

うん?まてよ??

4教科だから1教科の平均8問以上間違いってこと??

期待できなそう・・・。

そして、テスト結果は、

共通8、応用6

となりました。

算数の共通が10だったのに、応用が7ということは、応用問題ができていなかったということなんですよね。

しかも、応用クラスの平均も高いです~。

夏休み前はあと1回カリテがあって、夏期講習へ突入。

国語をなんとかせねば!!


日能研5年生
スポンサーリンク
この記事を書いた人

長男はすったもんだしながらも中学受験で私立中学へ進学、長女は中学受験勉強中ですみっコぐらしに夢中。発達障害の息子に振り回される日々ですが、前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする

他の記事もご覧下さい♪

小中学生のおすすめ家庭学習をチェック!
小学生からプログラミングや英語、高校から「歴史総合」が始まったりと教育改革まっただなかの子供たち。 子供に読ませたい本、漫画、子供と一緒にやりたいこと、中学受験勉強、子育ての悩みなど、小中学生の家庭学習について参考にしてください♪
市川さんのおうちスタイル