『小中学生のおすすめ家庭学習Memo』(姉妹ブログ)>>

時間の概念がない息子の休校中生活は・・・自立できるのか不安ばかり

私立中高一貫

息子は、気がつけばもう中学3年生になりました。

2月末から2ケ月以上の休校。

みんなどんな生活をしているのか気になりますが、発達障害、不注意、凸凹の息子は・・・

相変わらず、時間の概念がないので、無駄な時を過ごしてばかりです~

 

スポンサーリンク

中学2年の期末テストが中止

中学2年の終わり、期末テスト数週間前という時に、急きょ、学校がお休みになりました。

妹の中学受験がやっと終わって、遊べる~!卒業式が楽しみ~!と思いつつ、息子の期末テストが気になっていた私。

 

何といっても、成績が深海魚、提出物もちゃんと出していない、ノートもしっかりとっておらず、先を考えずに「今」を生きている息子。

また失敗するんじゃないか、早めに準備をしなきゃ!と私が焦る一方で、こんな状態にもなっていました。

 

息子が通う私立中高一貫校のカウンセラーに相談してきました

 

なので、結果的に期末試験がなくなって、どこかでホッとした私でした。

しか~し!!!

 

わたし
わたし

今までの成績、提出物などを加味して学年成績がつきましたが、最悪すぎて、驚いたんですけど・・・。

 

学校の課題が・・・

春休み

バタバタと休校になり、春休みになりました。

この時は、まだ学校からそんなに課題が多くはでていなく、

 

わたし
わたし

2年生の出来の悪さに、復習をせねば!

 

と、息子とライフワークを決めていました。

しか~し、息子は友達とオンラインでパソコンゲームを楽しむ日々。

もちろん、制限をかけて、PCが時間になると使えない状態にし、ラインも1日の制限時間を強制的にかけていますが、だからといって、真面目に勉強するわけでもなく・・・

 

せっかくの時間がもったいない!と思うのは、親だけですかね。

子供からすると、せっかく時間があるから、やりたいことやりたい!ですもんね。

 

春休み明け

春休み明けから学校も動き始めました。

1日だけ、新クラスで登校日がありました。時間をわけての登校、1時間もしないうちに終了でしたが、久しぶりの学校で課題をもらってきました。

 

休みの間には、学校から教科書、問題集、課題などが送られてきて、各教科、予習・復習です。

さすがに、何日も休みなので、かなりの量だ・・・

 

やる気がでるのは1週間に1日くらい?

スケジュールの立て直し

息子と再度話し合い、1日のスケジュールを決めました。

 

息子
息子

続けて勉強すると、集中力が持たないから無理!

 

わたし
わたし

だろうねぇ。でも、続けてのゲームもダメ!やることやった成果を出してからだからね!

 

中学受験時代から、やるやる詐欺の息子なので、甘いスケジュール提案は即効ボツ。

全体の課題量を把握しないと、気分で動く息子なので、間に合わなくなる可能性が大。

ということで、画用紙に教科をわけて、やるべきことを書いて付箋を貼りました。

 

付箋で「やることリスト」!先の予定が見えない子には視覚化・見える化が有効

 

終わったら付箋をはがす作戦です。

でも、1枚の付箋に「問題集10ページ」と書いても、量が多いと終わらず、はがす達成感がなかなか出ないため、細かくページを区切りながら計画づくりがポイント。

細かすぎると、これまたやるべき量が増えたように見えてしまうので、ほどほどにですね。

 

早起きするようになった

午前中は10時から勉強することにした息子。

となると、朝早く起きて、ゲーム時間を確保しよう作戦を考えたようです。

10時にはPCにロックがかかってしまい、仕事中のお父さんにはロック解除を頼めません。

 

気持ち的に満足感がないと動けない息子。(←中学受験時代から変わってない

友達と楽しく交流している姿は、まぁ親として嬉しいのですが・・・

 

息子
息子

お~!〇〇(友達の名前)!すごいじゃん!

 

息子
息子

〇〇(友達の名前)!じゃぁ、またね~。

 

息子
息子

ハロー!△△(友達の名前)!今、できるよ~!

 

わたし
わたし

あのぉ。いま、バイバイ!って言ったよね?終わったんじゃないの?次にハローって誰?しかも初めて聞く名前なんだけど・・・。

 

リビングにあるパソコンでやっているため、友達とやりとりしている息子の会話がちらほら聞こえます。

私にはついていけないのですが、学校の友達やら、友達の弟君やら、友達の小学校の時の友達やら・・・息子の中の登場人物が増えている・・・

 

さすがに、周囲の親の声は友達に聞こえてしまって恥ずかしいようで、話しかけないで!と言われていますが・・・。

 

やる気の気分で動く

時間通りに気持ちの切り替えをして、課題に取り組むときもあれば、いつまでも気分が乗らず、ぐだぐだしてしまうことも。

 

それでも、少しずつ課題を進めるのですが、一人になると、意志が弱い。

なかなか自立が難しいですが、お尻を叩きながら、なんとか毎日を過ごしていました。

 

しか~し、こんな引きこもり生活が続き、はかどらない日もあるし、昼寝をしてしまったり、早くに寝てしまったり、最初に決めたスケジュール通りに過ごす日は1週間に1日あるくらい

 

見ていて、時間の使い方に無駄が多くて歯がゆいです。

でも、息子にとったら、時間の感覚も概念も気にならず、「今を生きる」なんだよなぁ。

 

失敗を繰り返しているのに懲りない

毎日少しずつやればよいものを、何日もさぼっておいて、「こんなに無理!」という息子。

相変わらずです。

そして、エラソーに言ってきました。

 

息子
息子

お母さんは落とし前つけろって言うけどさぁ、自分ではヤバイと思ったらやるんだから、黙っててくれる?

 

 

わたし
わたし

は?ヤバイと思った時にはいつも手遅れなんでしょ。気がつくのが遅いことにいい加減気づいて!しかも、落とし前っていう言葉、どこで覚えたの?

 

まぁ、いつも私は、「前の日にやることやらなかったら、次の日に責任をとりなさい」とは言っていました。それを、「落とし前をつけろ」なんて・・・、確かに言いたいことはあってるけど・・・どうやら、ネットのやりとりで見て、覚えたそうです。

 

息子のスマホにはヤフーもグーグルも入れていなく、PCもラインも制限をかけているけれど、あちこちから情報が入ってくるんですね。コワイ・・・。

今の子たちの情報収集は私の時代と大違いだなと思いました。

 

そんなことを繰り返しつつも、息子との会話の中では、

  • 自分でも2年生の成績が悪かったし、このままではいけないこともわかっている
  • 自分の欠点もわかっているつもり
  • だから、自分の中でどうにかしようと思って、やる気を出すために提案したり、やり方を考えている

と、言ってくるようになりました。

 

それでも、行動が伴わないんだよねぇ・・・。

 

コツコツやる、効率よくやることは難しいので、息子の性格や能力を考えてまずは、

・やるべきことから逃げない

・少しでも前に進む

・気になるからと、立ち止まって時間をかけすぎない(こだわりの性格が良いことも、悪いことも)

 

声をかけながら、様子を見ています。

中3ってみんな、どれくらい自立しているんだろう?

私立中高一貫
スポンサーリンク
この記事を書いた人

発達障害の長男はすったもんだしながらも中学受験(2018年)で私立中学へ進学し、相変わらず色々とやらかしています。2歳下の妹も中高一貫校への進学が決まりました。日々、親としてどう対応するべきか・・・前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介を読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
スポンサーリンク
市川いずみをフォローする
市川さんのおうちスタイル