算数の学習も漫画から!「めざせ!あしたの算数王」踏み込んだ内容で知識アップ

ここ最近、小学生向けの学習漫画が熱いですね!!

我が家もすっかりはまり、漫画から学習することで知識の幅が広がっています。

文庫本も読んで欲しいところですが、漫画だと子供も食いつきがよく、繰り返し読むのでついつい興味がそちらへ・・・。

マンガの欠点は絵が描いてあることで、想像力が養われないということをよく聞きます。

確かにそれもあるかなと思いますが、苦手分野、知らないことのイメージをつかむ、難しい内容でもハードルを下げるという意味では小学生が笑いながら、楽しみながら学習をするということでゆるく考えればツボを押さえているなと、人気がある理由だなという気がします。

スポンサーリンク

漫画でもアニメでも有効利用することが得?

いまどきの学習漫画

昔からの定番と言えば、ドラえもんの学習漫画シリーズですよね。

国語・算数・理科・社会・体育・英語・音楽まで揃っていて漫画風で読みやすいもの、ドラえもんやのび太君がでてくるけど、ほとんど学習内容が濃いものなど様々です。

日能研や浜学園が監修しているものはやはり、中学受験を意識している内容ですしね。

我が家では他にも「かがくるBOOK サバイバル」シリーズ、「かがくるBOOK 実験対決」、まんが47都道府県研究レポート(全6巻)、歴史漫画サバイバルシリーズなど、理科・社会を中心に漫画だらけ・・・。

>>中学受験勉強に役立つ勉強法!学習漫画で理解力アップ!

中学受験の勉強でも使える算数の学習漫画

「めざせ!あしたの算数王」という学習漫画をご存知ですか??

1冊2000円もする学習漫画・・・

買うのに悩んじゃいました。

でも、漫画の内容が、「可能性の数、確率」「比と比率」・・・小学生向けに出版されているんです。

しかも、中学受験でつまずきやすい分野。

こりゃぁ、気になるけど高いよ!!と思いつつ、まずはお試しで1巻目を購入。

すると、子供たちが「続きが読みたい!!」とリクエストされちゃいました。

なんと小3の娘も続きが読みたいそうで、内容がわかっているのかしら?と思い、私も読んでみると・・・

ベースは漫画だけど、内容は算数だった!

というのが率直な感想です。

(そんな感想はいらないよ!!という声が聞こえそうですが・・・)

なんと表現してよいか迷いますが、大人が真面目に読んでも結構難しいけど、わかりやすい解説書??

要は、じゃんけんで勝つ確率をテーマにした漫画の解説として「勝つじゃんけんの法則」「じゃんけんの必勝戦略」「統計」などの話題を取り上げて興味もてるように工夫されていますが内容は数字での解説という感じです。

まとめ

小5息子も読んでいて「算数の解説みたいな感じでわかりやすい」と言っていました。

小3の娘は「解説部分は興味あるところしか読んでいない」と活字が多い部分はすっとばし状態でした。

算数に興味がない小3くらいの子はちょっと理解しにくいと思いますが、算数オリンピックをやっているようなお子さんには学べる部分があるんじゃないかなと思います。

2巻目は比率がテーマなのですが、「ドレミファソラシド」の音階にも比率が関係しているという内容を子供たちは私に教えてくれました。

古代ギリシャの数学者ピタゴラスが音階と弦の長さに関係があることを見つけ、音階を作ったという内容で、身近な話題をからませての内容は、やはり上手いな・・・と思います。

しかも、漫画のラストが次が気になるような終わり方の展開で・・・

1冊2000円というお値段がネックですが、ちょっとずつ集めようと思っています。