小学生におすすめ!歴史漫画「タイムワープシリーズ(旧:日本の歴史サバイバル)」は低学年から!

ちょうど一年前の春から発売を楽しみにし、ちょこちょこと買い続けてきた「日本の歴史サバイバル」で「戦後のサバイバル」が発売となり、全14巻そろいました。

2018年、発売当初は日本の歴史漫画も「サバイバルシリーズ」だったのですが、「タイムワープシリーズ」に変更となりました。サバイバルシリーズは販売されていませんのでご注意ください。漫画の内容は変わらず、学習説明が数ページ増えたそうです。


学習漫画でもあり、ギャグあり、カラーで読みやすく、我が家の子供たちは発売を楽しみにして集めてきました。

1冊が1,296円とちょっとお高い漫画なんですけどね・・・お勉強を兼ねていると思ったら、しょうがないか・・・。

スポンサーリンク

低学年から楽しく読める歴史漫画としておすすめ!

ほかの歴史漫画とちょっと違う視点で学べる

子供たちが読み始めると、一気読み。

途中、ゲラゲラとバカ笑いしながら楽しそうに読んでいました。

今までの日本の歴史漫画とは違い、現代の小学生がタイムスリップしてその時代に入り込み、大冒険を繰り広げる漫画なので、登場人物が身近に感じられる作りですね。

3年生の娘も、

「面白いよ~!聞いたことがある武田信玄もでてきたよ。お母さんも読んでみて~!」

ということで、私も「戦国時代のタイムワープ(旧:サバイバル)」を読んでみると・・・

う~ん・・・小学生ウケしそうな内容(トイレ・うん〇ネタなども)で普通に漫画として確かに笑えるかも。

現代の子たちがタイムスリップして戦国時代の偉人たちと出会うのですが、キャラがみんな軽いんです。

武田信玄、織田信長、豊臣秀吉・徳川家康・・・とにかく、子供たちとの絡みが完全にアニメ。

そんな中でも、それぞれの武将の人情があったり、明智光秀に織田信長がやられたり、信長が安土城・秀吉が大阪城を作ったこと、誰と誰が仲間だったなど、ざっくりですがストーリーに組み込まれています。

ページの途中に歴史サバイバルメモとして、「下剋上」「戦国時代に活躍した忍者」「戦国大名の仕事」「戦いを変えた鉄砲」のことなど、学習ページもあります。

ただ、勉強面となるとやはり情報が全然足りませんので日本の歴史を学習するのであれば、こちらがおすすめです。

>>日本の歴史漫画は小学館・角川・学研・集英社?どれにしますか?

主人公の子供たちが主役としてそれぞれワクワクの冒険をしながらピンチを切り抜けて進んでいくストーリーに子供たちも入り込んでいくんでしょうね。

学習指導要領にも対応

学習漫画として、「学習指導要領」にも対応しています。

歴史研究家として、テレビ番組の「世界一受けたい授業」などでも日本史の楽しさを伝えている河合敦先生が監修されています。


学習指導要領の何が対応しているのか、私も細かくはわからないのですが、2020年度に向けて教育改革が行われることによる混乱が歴史で少しありました。

「鎖国」という言葉を使わずに「幕府の対外政策」に、中学校の歴史では「聖徳太子」ではなく「厩戸王」に変わる話がでましたが、混乱を招くということで小中ともに聖徳太子の表記に統一、鎖国に関しては、「鎖国などの幕府の対外政策」ということで落ち着いたようです。

そのため、「飛鳥時代のサバイバル」でも「厩戸王(聖徳太子)」と、両方明記されていますが、「聖徳太子」がおまけのような感じになっているんですね。

「江戸時代のサバイバル」「幕末のサバイバル」でも、「鎖国」という言葉ではなく、「外国船の来航」「外国船との交流を制限」という書き方がされています。

(※我が家は「サバイバルシリーズ」を購入したため、このような表記になっていますが、タイムワープシリーズに変更になってからは、どのように書かれているかわかりません・・・。リサーチしたら記載しますね。)

私たち親の時代と歴史が変わっていき、子供に教えてもらうことになりそうです。

入学・進級祝いにも最適!全14巻セット

サバイバルシリーズが発売中止となり、すべてタイムワープシリーズとなっています。


私の感想

漫画だけでなく、ページの途中に何か所かある学習資料部分。

漫画の途中に見開き2ページずつ、写真などの資料や説明が堅苦しくない説明となっているので読みやすく、自主学習にも使えそうです。

ソフトカバーで大きめのサイズ、コマ数も大きいカットなのでさらっと子供たちは読んでしまい、「えっ?もう読んじゃったの?」となりますが、リビングに置いていると、繰り返し手に取って読んでいます。

まだ歴史の勉強をしていない妹(小3)は、全体の流れというよりも、「聞いたことがある~!」「知ってる~!」と、興味ある人物や出来事など、話をしてきます。

低学年からでも歴史の入り口として抵抗なく入りやすい漫画なので、ぜひおすすめです。

タイムワープシリーズ「テーマ編」

もうちょっとテーマを絞ったテーマ編もあります。

ベースは同じ感じなのですが、 江戸時代の文化に焦点をあててみたり、忍者の世界だったり、また楽しく歴史を知るきっかけになりますね。

詳しくは、こちらで記事にしていますので、参考にして下さい。

>>小学生に大ウケ!歴史漫画タイムワープシリーズが大人気の理由



1.忍者世界へタイムワープ

2.縄文世界へタイムワープ

3.大江戸文化へタイムワープ

4.戦国合戦へタイムワープ

5.日本の城へタイムワープ

科学漫画のサバイバルシリーズは小学生に大人気!

朝日新聞出版で大ヒットしている「科学漫画サバイバル」シリーズと同じ構成で、こちらも子供たちに大人気!


図書室に置いている小学校もあるようで、姪っ子は「いつも借りられていて読めないの~」と言っていました。

我が家の子供たちもハマっている学習漫画で、科学、自然、人体、宇宙、災害、生物など幅広く興味あるテーマがずらり。

>>中学受験勉強に役立つ勉強法!学習漫画で理解力アップ!

どんな勉強方法でも、子供の身になるなら活用したいですね。