学習漫画「日本・世界の歴史まんが大集合」も見てね♪>>

夏休みの自由研究に電子・スマホ顕微鏡で「繊維(せんい)調べ」

自由研究・実験

夏休みの宿題は読書感想文やドリルだけでなく、自由研究や工作作りがありますよね。

なかなか子供1人で全部をやるのは大変なので、親が協力することがあると思いますが、テーマ選びから悩む・・・。

 

昔と違って、今は色々なキットがあったり、ネットでネタ探しもできますし、本屋さんにも自由研究や工作に関する本がたくさんあるので有り難い!!

 

子供たちが通う小学校では、自由研究に関しては任意の提出なので必ずしもやらなくてはいけないものではありませんが、理科好きの息子は毎年、何かしらの自由研究をやるようになりました。

 

スポンサーリンク

電子顕微鏡を使って自由研究

パソコンに映し出せる電子顕微鏡・マイクロスコープ

以前、おじいちゃんに買ってもらった電子顕微鏡が家にありました。

パソコンにUSBでつないで、カメラをズームにすると、500倍まで見れるそうです。

ライトも付いていて、パソコンの画面に映像が写り、見ていて面白い!

画像の保存もできました。

 

 

 

 

この商品の型番違いですが、口コミを見ると・・・う~ん・・・まぁ、子供のおもちゃ程度に思った方がいいかもしれません。

実際の所、本当に500倍かどうかもわからないし(笑)

海外製だから本当に起動するかわからないし

 

他にも持ち運びができるタイプやスマホに取り付けられるタイプなど、お手軽な電子顕微鏡が結構ありますね。

 

身の回りの物、昆虫、植物、人間の皮膚などミクロの世界を観察するのも面白いです。

商品によって限界の倍率が違ったり、ピントの問題だったり、色々と口コミを見ていると判断が付きにくいですので、値段なりかな~と思う程度であまり期待しない方がいいかもしれません。

 

コンパクトで携帯・持ち運びができる顕微鏡

今年は娘が誕生日にスマホ撮影ができる顕微鏡を欲しがり、購入しました。

コンパクトでかっこいい~し、持ち運びにとっても便利です。

 

購入する時のポイントは、

  • 倍率
  • ライト機能
  • スマホ撮影可能か

というところでしょうか。

 

120倍と250倍の見え方の違いがよくわからなかったので、倍率が高い方が後悔しないかなということで、ちょっとお値段が高い方に。

 

LEDライトが付いているので、手元がはっきり明るく見えます。

 

口コミが多かったのが、120倍の携帯顕微鏡でお値段も1000円くらいとお手頃価格が嬉しいですね!

 

顕微鏡を使った自由研究「繊維の世界をのぞいてみよう」

せっかく電子顕微鏡があるので、何か調べ物をしようかということになりました。

以前、自由研究として息子がやったテーマをちょっとご紹介します。

テーマは「せんい」!

 

「顕微鏡で繊維の世界をのぞいてみよう」という感じで身の回りにある繊維をマイクロスコープで比較してみることにしました。

  • 100均や家にあるシャツや布巾の切れ端などを使って、工作用紙に本物を貼りつける
    (実際の触り心地を比較する)
  • 素材を調べる
  • 電子顕微鏡の画像を載せる
  • 特徴を書く

 

これを表にし、動物から作られる繊維、植物から作られる繊維、化学から作られる繊維と分類。

こんな感じですね。

 

マイクロファイバー、ふわふわタオル、スポンジ、レインコート、ウール、綿、絹、麻・・・など、家にあるものや100均で材料探しも、普段気にしていないことが見えてくるのも面白いですよ。

 

調べ学習として、動物から作られる繊維、植物から作られる繊維、化学から作られる繊維に分類したり、素材について情報収集です。(中学受験でも学習します。)

 

マイクロファイバーなど、繊維自体に吸水性がないのに、どうして吸水力があるのか??

繊維についてのしくみなど調べてみると、なるほど~、面白い~!!

(と思うのは私だけ???)

 

まとめ

自由研究にどれだけの時間を割くかはご家庭の都合や本人のやる気次第ですが、テーマ選びから一緒に考えると現実的にできるかできないか。

 

本屋さんで、「ケンタッキーのチキンの骨から標本をつくる」というのを見て、面白い!発想がいい!と思ったのですが、実際にはムリそうですね。

 

自由研究はやり始めるまでが結構、億劫なんですけど、やり始めたら子供も夢中になっちゃいます。

 

今年は何か理科系で作りものをしようかと構想中。

あぁ、いいんだか悪いんだか、夢中になりすぎて切り替えができない息子。

塾勉強からの現実逃避で自由研究にハマっちゃいそうです。

 

他にも自由研究を紹介しているので、参考にしてくださいね。