日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較>>

中学入試問題にでた!潮干狩りシーズンはアサリのことを知るチャンス!

自由研究・実験

春になると、潮干狩りのシーズン到来ですね!

子供も大人も夢中になる潮干狩りですが、楽しいだけで終わらせず、ついでに自然学習もしちゃいましょう。

こんな日常のことでも、よくよく観察したり考えてみると、大事なポイントがいくつも発見!

 

わたし
わたし

時間が経つとすっかり忘れてしまう娘。

ちゃんと覚えておいてね~!

 

スポンサーリンク

潮干狩り・アサリの問題が中学入試に

潮干狩り

潮干狩りで一生懸命に採ったアサリをお持ち帰りし、さぁ、お味噌汁に!と、すぐには食べられません。

 

砂抜きをしないと、ジャリジャリしたアサリを食べることになってしまいます。

大人からすると、今まで経験してきた感覚で、「そんなこと知ってるよ~」と思うかもしれませんが、そこまで知らないのが小学生。

 

しかも、入試問題で実際に出題されているんです。

 

慶應普通部2018年の理科

実際に、2018年入試問題・慶應普通部の理科でアサリに関する問題が出題されていました。

 

潮干狩りからアサリを持って帰ってきた時にはどんな状態か、どのように置いておくか、砂の中にいる時のアサリの絵を描くなど、「そういえば、どうなっていたっけ?」と、中途半端に覚えているだけではダメな問題ですね。

知っていればラッキー問題ですし、知らなければ何も手がでない・・・

 

アサリの観察

活アサリを買おうと思った理由

娘が小学校2年生の時、日能研には通信教育なるものがあったんです。

(現在、日能研で通信教育「知の翼」は行っていません。)

 

娘は少しだけその通信教育をやっていた時に、おうちで実験してみようというのがありまして、「アサリの浄化作用」についてでした。

 

米のとぎ汁の中に、アサリを入れると水がきれいになる

という実験です。

 

アサリを見ると、懐かしいな~、娘はもうすっかり記憶にないだろうなと思い、再び実験してみることに。

潮干狩りに行く時間がないので、スーパーで販売されていたパックに入っている「活アサリ」を購入しました。

 

アサリの水質浄化実験

スーパーで買ってきたアサリが生きているのか確認するため、3%くらいの濃度の塩水につけて、アルミホイルをかぶせて、しばらく置きました。

すると、殻から元気に中身がでてきていました。

 

そこで、米のとぎ汁を少し入れて、水を濁らせ、アルミホイルをかぶせて暗くし、置いておきました。

 

すると2時間後には・・・

 

わたし
わたし

水がきれいに透明になってる~!

 

そして、小さい沈殿物が底にいっぱいありましたが、水が透明になっていました

この実験は、結構有名なようで動画にもあります。

 

アサリの観察

アルミホイルをかぶせたまま、しばらくアサリを放置し、開けてみると、貝殻のすき間からデロデロと中身がでていました。

 

2本の管は口?と思われがちですが、入水管と出水管と呼ばれるもので、口ではありません。

海水と一緒にえさも取り込む入水管と、エラ通った水を排出する出水管が砂の中や水の中から伸びてきています。

しばらく見ていると、ピュー~ッと水が勢いよく吐き出されるので、砂抜きをする時やしばらく置いておく時はアルミホイルをかぶせないと、あちこちの方向に噴射されています。

この2本の管の反対側には、何やら平べったいものがデロ~ンと出ているのですが、これが足だそうです。

 

普段、ボンゴレやみそ汁などで何も考えずに頂いているアサリですが、貝殻の模様、体のつくり、どれくらい移動できるかなど、次々に知りたい内容が出てくるので、自由研究にしてもいいですね。

自由研究・実験
スポンサーリンク
この記事を書いた人

長男はすったもんだしながらも中学受験で私立中学へ進学、長女は中学受験勉強中ですみっコぐらしに夢中。発達障害の息子に振り回される日々ですが、前向きになんとかしようともがいています・・・

私も小学生の子ブログ発達障がい児育児ブログ中学受験・日能研ブログを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする

他の記事もご覧下さい♪

小中学生のおすすめ家庭学習をチェック!
小学生からプログラミングや英語、高校から「歴史総合」が始まったりと教育改革まっただなかの子供たち。 子供に読ませたい本、漫画、子供と一緒にやりたいこと、中学受験勉強、子育ての悩みなど、小中学生の家庭学習について参考にしてください♪
市川さんのおうちスタイル